巻き爪が高齢者に多い原因は?

巻き爪は、年齢問わず発症します。
特に多いとされるのが女性の方です。
女性はハイヒールやパンプスのようなとがった靴を
履くため、足に負担がかかるため、男性と比べて巻き爪に
なりやすいと言われています。

また、高齢者も巻き爪になりやすいです。
これには、理由があります。

高齢者

爪の水分が少ないことが原因

高齢者は、皮膚全体の水分が少なくなり
乾燥しやすくなります。
これは皮膚だけでなく爪においても
水分が足りなくなります。
爪の水分が足りなくなると、
爪は乾燥してしまい収縮し硬くなっていきます。
そのことによって、爪は巻きやすい状態になります。
さらに、いったん爪が巻いてしまうと、
爪の中心部にわずかな隙間ができやすくなり、
表皮から供給される水分が爪に行き届かなくなりますので、
巻き爪を悪化させることにもつながります。

水虫が原因となる

高齢者は若い人に比べて免疫力が低下します。
免疫力が低下すると、様々な感染症にかかりやすくなります。
水虫も例外ではありません。
白癬菌により水虫になるのですが、
水虫になると、爪が変形します。
この変形が原因で、爪が巻いたり
皮膚に刺さる(陥入爪)ことがあります。
水虫により巻き爪になりやすくなるため、
このことも高齢者に巻き爪が多いという原因に
なっています。

圧力が少ないことが原因

高齢者になると、歩く機会が少なくなったり、
距離を歩かなくなります。
また、筋力が低下していき歩くことが困難になり
車いすでの移動になる方も多くなります。
そのことが原因により、足や爪にかかる地面からの
圧力が少なくなるため、爪は平らにならず
巻く可能性が高まります。

また、脳梗塞などで片麻痺になった場合にも、
地面からの圧力を受けにくくなります。
麻痺側はしっかりと足先に体重を置くことができないため、
圧力を受けにくくなります。

爪が巻いてきて、陥入してくると、痛みを伴います。
痛みがあると、歩くことが億劫になってきて、
余計に歩かなくなるため、巻き爪は
どんどん悪化していくという悪循環が生まれます。

爪の栄養不足が原因

上記で水分不足が原因で巻き爪になると紹介しましたが、
実は栄養不足によっても巻き爪になる可能性は高まります。
その栄養とはたんぱく質です。
爪はたんぱく質の一種であるケラチンという成分から
できています。
たんぱく質が不足してくると、栄養の不足した爪が
生えてきます。この爪は弱くもろいため、
ちょっとした衝撃でも欠けたり変形することがあります。
このことが原因で、巻き爪になる可能性が高まるのです。

同じ成分で出来ている髪の毛は、
たんぱく質が不足してくると、髪の毛はバサバサになったり
枝毛が出てきたりしますが、そのような感じで爪にも影響が
出てくるのです。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.