ポワントが原因で巻き爪に!バレエの注意点

バレエに使用するシューズをトウシューズといいますが、
このシューズの特徴は、先端が平たくなっています。
先端が平たくなっているため、つま先立ちがしやすくなっています。
このつま先立ちのことをポワントといいます。
ポワント
ポワントが原因で巻き爪などのトラブルを起こすことがあります。
これはポワントが原因というよりトウシューズが原因と言った方が
正しいのかもしれません。

トウシューズが自分に合っていないと、
つま先部分に遊びができてしまい、
ポワントをするたびに、トウシューズにつま先が
ぶつかってしまいます。
また、サイドがうまく締め付けられていないと
つま先のみに負担がかかり、巻き爪やマメなどの原因になります。
トウシューズには種類があり、全て手作業で作られているため、
同じサイズのものでも、自分に合わないことがあり、
自分に合ったトウシューズを探すのに苦労すると思いますが、
自分に合ったトウシューズを見つけることが巻き爪などの
トラブルに合わないための近道となります。

その他にもポワントをする際に負担に
ならないような方法がありますので、ご紹介いたします。

トウパッドは、厚すぎず

トウパッドの目的は、靴擦れを防止するためにいれるのであって、
つま先のゆるさを解消するために入れているのではありません。
つま先が緩いからといって、トウパッドを厚くしすぎると、今度は
つま先同士が重なり当たってしまい巻き爪などの
トラブルの原因となります。

ポワントが潰れたトウシューズははかない

トウシューズを長く使用していると、
ポワントが潰れてしまいつま先に負担が
集中することになります。
ポワントが潰れた場合、沈むような感じがあるのですが、
意外に気付かないということもあるようなので、
注意が必要です。

新品のトウシューズを使用しない

新品のトウシューズをいきなり使用してはいけません。
靴はなんでもそうなんですが、履いているうちに
自分の足にフィットしてきます。
自分の足になじんでからでないと、
足や足先にかかる負担は、大きいものになります。
こちらも巻き爪などのトラブルのもとになりますので、
トウシューズを良く揉んだりして自分の足に
慣らしていきましょう。

テーピングの巻き過ぎには注意

テーピングをすると、たしかに痛みは
緩和されるのですが、テーピングをしすぎた場合は、
かえって逆効果になることがあります。
テーピングでぐるぐると巻いてしまうと、
巻いていないところに負担が集中しますので、
巻き爪になっていないところが巻きやすくなる
ということもあります。
テーピングの巻き過ぎには注意しましょう。

まとめ

色々と注意点はありますが、
基本的には自分に合ったトウシューズを
使用することが大切です。
ポワントの仕方も関係はしていますが、
それは、二の次で構いません。
バレエの上達には、足のトラブルを
できるだけ少なくすることが大切です。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.