足にできる巻き爪の原因

足にできる巻き爪は、どの指にもできるものなのですが、
特に足の親指にできやすいです。
これには、いくつか原因があります。

  • 合わない靴を履いている
  • 運動やスポーツをしている
  • 立ち仕事が多い
  • 爪の切り方が悪い
  • 遺伝が関係している
  • 加齢によるもの

[/check_list”]
これらが原因となり、巻き爪になりやすいです。
これは子供も大人も、男性も女性もなるのですが、
特に、女性がなりやすいという傾向にあります。

合わない靴を履いている

合わない靴というのは、主にパンプスなどの先のとがった靴やヒールなどのかかとが
高くなった靴のことをさします。他にも、ぶかぶかの靴や窮屈な靴といったようにサイズの合わない靴も原因となって、巻き爪になります。

これは、単純に足先に圧がかかることが原因となるからです。
ヒールも先のとがった靴も、窮屈な靴も足先に圧がかかりますよね。
この圧がかかった状態が続くと、足指も爪も変形していきます。

また、ぶかぶかの靴を履いた状態で動くと、足先に衝撃という圧がかかります。
この状態も巻き爪を引き起こす原因となっています。

運動やスポーツをしている

運動やスポーツをすると、機敏に動かなければいけないことが多くあります。
特に、走っていて急にとまったり方向を変えないといけないスポーツなどは要注意です。
例えば、バスケットボールやサッカーなどがそれにあたります。

このように急にとまったりすることで、指先に圧がかかります。
そういった意味では、バレエなども巻き爪ができやすいと言えます。

出来る限り衝撃が緩和されるような靴を履くようにしたりクッションを入れるなどして
対応することにより、巻き爪の対策につながるでしょう。

立ち仕事をしている

デパートやお店などの店員をしている場合、基本立った状態で
仕事をすることになります。

立った状態が続くと、当然足に圧がかかり続けることになります。
これが原因となって、巻き爪を引き起こすということもめずらしくありません。

特に女性の場合ですと、ヒールなどの足先に圧がかかるような靴を履いていたり、
ストッキングをはき、足先を締め付けるといったことが多くあるため、注意が必要です。

爪の切り方が悪い

爪の切り方が悪いと、巻き爪を引き起こす可能性が高くなります。
巻き爪の原因として合わない靴を履いているという原因の
次に来るくらい大きな原因となっています。

爪は、もともとカーブを描いて伸びようとします。
その爪を内側に丸く切ってしまうと、爪の両端が深爪のようになり
下からの圧力により皮ふは、上に盛り上がろうとします。
再度伸びてきた際に爪が皮膚に食い込みやすい形になります。
このことが原因で、巻き爪を引き起こしやすくなります。

爪を切る際は、なるべく指から水平になるように切る必要があります。

遺伝が関係している

私たちは、顔や髪質、骨格あらゆる箇所を遺伝します。
当然爪の形や大きさ、厚さなども遺伝されます。

元々爪の薄い方や弱い方は、巻き爪になりやすい傾向にあります。
つまり、お父さんやお母さんいずれかに巻き爪があるなら、
それを遺伝した場合は、子供も巻き爪になりやすいと言えます。

加齢が原因となっている

年を重ねるごとに、体の水分は徐々になくなっていきます。
これは、お肌だけでなく爪にも及びます。

爪から水分がなくなると、厚く硬くなるだけでなく
爪自体が縮こまってしまいます。縮こまると、爪の性質上
丸くなっていき、その際皮膚に食い込んで巻き爪になっていきます。

このことが原因で、お年寄りに巻き爪が多いのです。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.