巻き爪で爪の端の切り方は?爪切りがなかなか入らない!

巻き爪で、爪の端部分が痛くて、
その部分の爪を切ろうとしても巻いていて
思う様に爪切りが入らない。ときには針や
爪楊枝などで押し上げて切ったりしている。
というような方がいますが、
巻き爪だから切ったら何とかなる!という考えは
大間違えです。
巻き爪であっても、巻き爪でなくても
爪の端を深く切ってしまうと、爪よりも肉の部分が
見える状態になります。
この状態で歩いたり踏ん張ったり、
下から圧力がかかると、肉が盛り上がり
爪が圧迫されます。
すると、爪は行き場がなくなることも重なって、
次第に巻いていきます。
この切り方を繰り返していると、巻き爪は悪化しますので、
絶対に深爪はしないようにしましょう。

どうやって切るのが正しいのか?

爪の切り方は、爪を丸く切るのではなく
四角く切るのがポイントです。爪の端を残すような
切り方で、これを『スクエアカット』と言います。
スクエアカットの利点は、爪の端を残しますので、
肉が爪よりも上に盛り上がってきません。
下からの圧力で盛り上がろうとする肉を
爪が抑えてくれるので、その圧力によって
爪は平らになろうとします。

爪の切り方だけでも、巻き爪は予防・改善されていきますので、
爪の切り方には注意しましょう。

巻き爪が痛い場合の対策

爪の切り方はわかりましたが、すでに巻き爪が
痛く、炎症を起こしていたり膿んでいたりした場合は、
痛みを取ることを考えていかなければなりません。
その方法として、テーピング法を行なったり
巻き爪ブロックのような矯正グッズを使うと
痛みは軽減されますし、徐々に改善していくかと思います。

なぜ巻き爪が痛くなるのかというと、爪が肉に
食い込んでいるためです。この状態が進むと、
炎症を起こしたりします。これを正式には、
『陥入爪』といいますが、食い込んでいるところを
離してやる必要があります。
テーピング法では、肉を下に引っ張ることにより
食い込みを無くしていきます。
巻き爪ブロックのような矯正グッズでは、
爪の端を持ち上げることにより食い込みを無くし
且つ矯正をする方法になります。

まずは、爪の端を切らないスクエアカットをしていくこと。
痛みがある場合は、テーピング法や矯正グッズを
使用していくことで、改善を図りましょう。

ただし、痛みが強く化膿していたり、肉芽腫が
出来ていたりする場合は、皮膚科や外科などで
医師に診てもらうことをお勧めします。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.