巻き爪ペディグラス治療のメリット・デメリットとは?

巻き爪矯正治療に『ペディグラス』という方法があります。
ペディグラス法とは、フリースタイルと呼ばれる透明の器具を
用いて巻き爪を広い範囲で持ち上げて、
矯正していく方法です。
根元から爪を矯正していくので、再発率が少なく
器具をつけても、施術時にやすりで器具を削り
キレイに仕上げてくれるため、
見た目では器具がついているかわかりません。
そのため女性に人気の矯正法となっています。

ペディグラスのメリットは?

メリットは、なんといっても器具を付けている状態でも
透明のためわからないということです。
パッと見は、何もつけていないように見えます。
しかも、矯正中でもペディキュアすることができます。
足を見せる仕事をされていても、問題はありません。

また、施術中も施術後も痛みは全くありません。
器具を取り付けた直後より巻き爪で痛みがあった部分も
痛みが取れることも多々ありまし、巻き爪の巻き具合も
改善されます。

爪を深爪されていても問題ありません。
フリースタイルにより、偽爪を作り上げますので、
深爪による巻き爪の悪化も防ぐことができます。
そのため、両方が巻いていない片巻き爪の場合であっても、
施術が可能です。

デメリットは?

巻き爪の度合にもよりますが、
月に一度補正具の取り換えやメンテナンスが必要になります。
補正は、3~12か月かかりますので、そのたびに
取り替え料やメンテナンス料を支払う形になります。

皮膚に何かをするわけではないため、
保険適用外となります。

ペディグラスの料金はいくら?

お店の料金体制や巻き爪の度合によって、
料金が異なります。

  • 軽度のものですと、3000円~5000円程度
  • 中度のものになると、6000円~7000円程度
  • 重度のものになると、8000円以上かかります。

また、補正具を付けるために爪の下処理を施します。
爪の状態にもよりますが、1000円~2000円程度かかります。

月に一度行われる補正具のメンテナンスは、
3000円~4000円程度かかります。
また、器具を取り換えるとなれば、
器具の取り付け料がかかってきます。

どこで治療できるの?

ペディグラスは、ペディグラステクノロジー取扱店でのみ
施術が可能となっており、
主にネイルサロンフットケアサロンでの施術になります。
また、ごく一部の病院でも取り扱っているところがあるようです。

ペディグラステクノロジーを取り入れている(技術を有する人)
お店はまだまだ少ないため、
お近くのネイルサロンではやっていないこともあります。

ペディグラス大阪本店をはじめ、
北海道、神奈川、東京、千葉、名古屋、福岡、
など、各種都道府県で行われておりますが、
一部行われていない県などもございます。

ペディグラス施術店一覧はこちら

ペディグラスを行なっている病院はこちら

上記のリンクは、ペディグラスを行なっているお店の
一部なので、他県にもあります。

YAHOOなどで、『ペディグラス 都道府県』
(自分の住んでいる都道府県を入力)
と記入し検索をかけると見つかるかと思います。
見つからない場合は、ないということになります。

是非ご参考にしてください。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.