巻き爪の初期症状!これって巻き爪?

足の親指の爪の端がちょっと痛いなと思っても、
初めての方だと巻き爪なのかどうかわかりません。
巻き爪には、まだしっかりとした定義がないことを踏まえて
説明していきたいと思います。

一般的に巻き爪とは、爪が巻いた状態のことをいい、
時として爪が食い込んで痛みや炎症を伴うことがあります。
どの症状が巻き爪の初期症状なのか
判断するのは難しいため、
『巻き爪』と『陥入爪』の違いを知る必要があります。

巻き爪と陥入爪の違い

厳密にいうと、巻き爪だけでは痛みは伴いません。
巻いている状態のみだと『巻き爪』というのですが、
爪が刺さったり食い込んだりする状態を
陥入爪』と呼びます。
陥入爪は巻いていなくても、横からの圧迫や
衝撃により爪が刺さったり食い込むことがあり、
痛みや炎症になり、時には化膿することもあります。

一般的にはこれらすべてを巻き爪と言ったりもします。
言い返すと爪が巻いていなくても、巻き爪ということがあります。

目安としての初期症状

判断の目安としては、

  • 痛みが出てきたとき
  • 爪の巻きが気になったとき

という感じで良いかと思います。
そもそも、爪は少し丸みを帯びた
平らに近い状態ですので、
少しでも巻いてくると、巻き爪と言えるかもしれません。

こちらに軽度、中度、重度の巻き爪と
陥入爪の症状の写真が掲載されていますので、
確認していただくと参考になると思います。

巻き爪初期症状の写真

巻き爪の初期症状が出たと思ったら

巻き爪かなと思ったということは、
巻きが気になっているか、痛みが出てきている
状態であると思います。
巻いているだけで痛みがないという方は、
そのまま放っておく方も多いのですが、
どんどん巻きがひどくなったり、
痛みを伴う様になる可能性が高まります。
また、すでに痛みが出ている方は、
炎症や化膿、ひどい場合ですと肉芽種と呼ばれる
肉の塊ができることも考えられますので、
早めの処置が必要かと思います。

対処法としては、病院やネイルサロンなどに行くか、
ご自分で巻き爪の矯正をすることだと思います。

決して行なってはいけないことは、痛いからといって
その部分を切り深爪をしないということです。
これをやってしまうと、かえって巻き爪を悪化させて
しまいます。正しい爪の切り方を学ぶ必要があります。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.