巻き爪でひょうそ!症状と治療法とは?

巻き爪の症状として、時に炎症を起こし
赤く(赤紫)腫れて痛くなることがあり、
化膿することもあります。
可能性しているものをひょうそといい、
化膿性爪囲炎とも言います。
これは、指先の傷口に細菌が感染することにより
発症します。

俗に巻き爪のことをひょうそと呼ぶ人もいるようですが、
さかむけなどからもひょうそになることがありますので、
ひとくくりにはできません。

爪が巻いていなくてもひょうそになることがあり、
その原因は、陥入爪によるものです。
陥入爪とは、爪が肉に食い込んだ状態のことを
言います。

ひょうその治療法

軽度のものですと、自然に治ることもありますが、
大抵はどんどん悪化していくもので、
感染症の中でも重度のものに分類されています。
なので、膿が出ている時点で、
症状が軽い重いに関係なく
速やかに皮膚科や外科などに受診することをお勧めします。

ひょうそを放ったらかしにしていたら、
傷口に入った最近が、さらに奥へと入り込み
骨に達し、髄膜炎を起こしてしまい、
最悪の場合指を切断なんてこともあるようです。

よく膿を自分でとりだす方がいますが、
これはさらに悪化させる恐れがありますので、
避けた方が良いでしょう。

触っただけでも激痛が走るという状態でない場合は、
応急処置としては、爪が陥入している部分を
和らげる必要があるため、爪と肉の間にガーゼを
詰め込むコットンパッキングを行うか、
肉を下に引っ張るテーピング法が有効であると思います。

病院での治療は、程度が軽い場合だと、
抗生物質の内服もしくは注射を行ないます。
程度が重い場合は、膿のたまっている部分を
切開したり、針でつき膿を取出し、抗生物質を投与します。

治療期間としては、度合にもよりますが、
一般的に1週間ほどで治るようですが、
肉芽種という肉の塊が形成されていれば、
治療期間は長引くかと思います。

巻き爪でひょうそにならないためには?

巻き爪でひょうそになる原因は、
いくつかありますが、多くの場合は、
爪の切り方に問題があります。
爪の端の部分を深く切ってしまうと、
そこから陥入爪になり、痛みや炎症を
起こし始めます。
なので、爪を深く切らないようにすること
大切です。もうすでに深爪されているのでしたら、
それ以上爪を切らないようにし爪を伸ばしてください。

切り方としては、スクエアカットという切り方が
おすすめです。スクエアカットは文字通り爪を
四角く切るということで、これを行うことで
巻き爪になりにくくなります。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.