巻き爪は歩き方も原因になっている!?

巻き爪は、自分に合っていない靴が原因で
発症しやすいことは有名ですが、
実は歩き方も原因となっているのはご存知でしょうか。
どういう歩き方が巻き爪になりやすいのかというと、
足の指でしっかりと地面を踏んでいない状態
足の指に地面からの圧力が加わっていないときに
巻き爪になる可能性が高くなります。
どういうことかというと、爪は、
本来緩やかに巻く性質をもっているのですが、
足指をしっかりと使い、歩くことによって
地面からの圧力が加わり、爪は平らに保たれているのです。
つまり、しっかりと足の指を使っていれば
巻き爪になりにくいのです。

寝たきりの高齢者の方は、全く歩いていないのに
巻き爪になっていくことがあります。
これは、爪の乾燥によるものもありますが、
地面の圧力がつま先に加わっていないので、
爪の弧を描く力が鋭くなっていることが
原因となっているのです。

どんな歩き方が原因で巻き爪になりやすい?

正しい歩き方とは、かかとでしっかりと
着地し、足のばねを利用して、かかとから重心を
徐々に前に持っていき、つま先で地面をけり出すようにして
足を前に出していきます。

加齢や運動不足により筋肉が低下すると
足のばねがうまく働かなくなります。
すると、スムーズにつま先まで重心が移動せず
うまくつま先に圧力がかからなくなります。

また、姿勢に問題があることがあります。
姿勢が悪いと、重心がずれていきます。
ずれると、やはりつま先にしっかりと体重を
乗せることができないことがあります。

すでに巻き爪になっている人も要注意です。
巻き爪が痛いため、重心をつま先にかけられない。
どうしても巻き爪の部分をかばってしまいます。
蒲って歩くと、つま先に圧力がかからないので、
巻き爪になりやすい環境となり悪循環が
生まれます。
こういった人は要注意となります。

  • 筋力の低下により体重の移動がうまくできていない
  • 姿勢が悪いため、重心がずれている
  • 巻き爪などによりつま先をかばった歩き方をしている
  • 歩かない

正しい歩き方とは

まずはしっかりとかかとで着地することを意識します。
次に、姿勢は正した状態で、胸を張ります。
歩幅は大きく、大股で歩くようにします。
アゴをひき、目線は前方を見る様に歩いてください。
下ばかり見ると、猫背になりやすくなります。
小刻みに歩くと、うまくかかとで着地できなくなりますし、
つま先までしっかりと重心を持っていくことができなくなります。
歩いている最中は、手の動作も付け加えましょう。
腕はしっかりと前後に振った方がうまく歩くことができます。

  • 姿勢を正して、胸を張る
  • しっかりとかかとで着地する
  • 歩幅は大きく、大股で
  • 顎を引いて、目線は前方を向く
  • 腕は前後にしっかりと振る

正しい歩き方をすると、つま先の圧力不足による
巻き爪は防ぐことができます。

つま先に圧力がかかり過ぎてもいけない

正しい歩き方でつま先に圧力がかかるようになると
巻き爪になりにくくなりますが、つま先に重心がかかりすぎると
逆に巻き爪になりやすくなります。
普通に歩いている分には問題はないのですが、
サッカーやバスケットボールなどの
急にとまったり、切り替えしたりするような
スポーツでは、つま先に相当な負担がかかってしまいます。
また、ハイヒールなどのかかと部分が高くなっているような
靴を履くこともつま先に圧力がかかり過ぎる原因になります。

靴が小さかったり大きかったりすると、
つま先が動いて靴にあたったり、衝撃が
緩和されなかったりして負担が大きくなることが
あります。
というように靴に原因があることもありますので、
靴の見直しも必要になることもあります。

巻き爪の原因は靴に合った!?
こちらも合わせてお読みいただくと参考になるかと思います。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.