1歳児の巻き爪の原因は?その対策と治療法

1歳児の巻き爪の原因は、主に深爪をすることによって
起こりますが、時としてサイズの合っていない靴を
履かせていたり、かかと部分がふにゃふにゃの靴が
原因であったり、まだ歩きはじめか歩いていないため、
筋力もついておらず、うまくつま先を使って
歩けないことが原因で、巻き爪になることもあります。
また、生まれつき巻いていることもあるようです。

子供の爪は大人の爪と違い
まだ硬くありません。
爪が軟らかいと、深爪や外部からの衝撃を受けやすく
変形しやすいのです。

子供

巻き爪の症状とは

症状としては、1歳なので自分では多少違和感があっても
訴えはありませんので、巻きが見てわかるように
なってからか、爪が食い込んで、巻き爪付近の肉が
赤くなっていたり、白くなっていたり、いわゆる炎症を
起こしている症状になり、気付くことが多くあります。
また、化膿しだして気づくといったケースもあるようです。
巻き爪が進行して気づくケースが多いため、
子供の爪もしっかりと見てあげる様にしましょう。

巻き爪の治療法

巻き爪により爪が肉に食い込んでいるため、
爪の端部分を良かれと思い、切ってしまう方が
いますが、深爪になってしまい返って巻き爪を
悪化させる原因となりますので、
無理に切ったりしないようにしてください。
巻き爪を悪化させないためには、伸ばすことが
大切です。
爪の切り方としては、スクエアカットと呼ばれる
爪の端を残すような感じで水平に切る方法が
良いでしょう。
爪が切りにくい場合は、子供の爪は
まだ柔らかいため、爪やすりなどで
削ってあげるとすぐに削れると思います。

伸ばしすぎた場合、服や布団などに
爪が引っかかって割れてしまう恐れが
ありますので、スクエアカットを意識しながら
定期的に爪の手入れを行なってください。

1歳や2歳のように幼児の頃は、成長とともに
爪も次第に硬くなっていきますし、
つま先を使って歩くようにもなるため、
巻き爪が自然と治ることも珍しくありません。
爪の切り方を気を付けてあげるだけでも
結構治ったりします。

巻き爪の痛みがあるようなら、巻いている部分に
小さく切ったコットンを挟んで、痛みを緩和させる方法も
ありますが、痛みが激しいようなら、
病院に行くことをおすすめします。
病院は、外科のある小児科に行くと良いでしょう。
もしお近くにないようでしたら、かかりつけの小児科や
皮膚科、形成外科などに
受診されてみてはいかがでしょうか?

病院での治療法

1歳児の巻き爪は、自然と治ることが多いため、
様子を見ることが多いです。
爪の切り方のアドバイスや巻き爪の対処法などの
アドバイスをしてくださるかと思います。
巻き爪が化膿しているようであれば、
炎症止め、化膿止めなどの治療や
薬を処方されるかと思います。

万が一、手術が必要と言われるのであれば、
他の病院で診てもらい、別の角度からの
意見も聞いた方が良いかと思います。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.