巻き爪に良いランニングシューズ!?どんなものを選ぶと良い?

ランニングをしだしてから、巻き爪になるという方は
結構おられるようです。
なぜ巻き爪になる方が多くなるのかというと、
走ることによって、つま先に衝撃や圧力がかかるため、
巻き爪になる方が増えるのです。
しかし、ランニングされる方全てが
巻き爪になるというわけではありません。
なる方とならない方の違いは、
生まれつき巻き爪になりやすいということも
ありますが、大きな原因はランニングシューズ
あります。

サイズは大きくても小さくてもダメ!

ランニングシューズのサイズは
大きくても小さくても巻き爪の原因に
なってしまいます。
サイズが大きかった場合、
靴の中で足が左右に前後に動き、
つま先にかかる圧力や衝撃が増えます。

逆に小さい場合は、
靴に足が圧迫されますので、
走ったときの衝撃が靴で吸収しきれず
足に直接負担がかかります。
また、締め付けられるため、これも巻き爪の
原因となってしまいます。

どんなランニングシューズが良いのか?

ランニングシューズは、見た目で選ぶのか?
メーカーで選ぶのか?人気で選ぶのか?
サイズで選ぶのか?
選び方は様々ですが、どれも違います。
一番大切なのは、
自分の足に合っているかどうかです。
サイズに関しては、間違いではないのですが、
サイズが合っていれば自分の足にあっている
というものではありません。
右足と左足が同じサイズという方は
あまりいないかと思います。
ランニングシューズを選ぶときは、
サイズを確認後右足も左足も
履いてみて大きい足の方がピッタリであるなら、
その靴を選びます。
すると、小さい足の方は若干ぶかぶかとするかと
思いますので、中敷きを入れるなどして
サイズを合わせていきます。
おそらくこの作業は、自分で行うのは難しいと思うため、
お店の人にしてもらうのが良いかと思います。
ランニングシューズだけではありませんが、
靴は、専門スタッフのいるお店で購入するようにしましょう。

爪を切り過ぎているときのランニングはNG

爪を切り過ぎて深爪になっているときは、
ランニングをすると、巻き爪になる可能性が
高まります。
特に、爪の端を切られている方は要注意です。
爪の端を短くしていると、走ったときの衝撃で、
肉が盛り上がり爪の行き場所がなくなり
爪は丸まろうとします。
爪があれば、肉が爪を押し上げる形になるため、
爪は平らになろうとするのですが、
短い場合は爪が伸びるまで、走らない方が良いでしょう。

爪の切り方としては、スクエアカットという
爪を水平に切る切り方があります。
爪を丸く切らず角を残すような感じですね。
こうすることによって、
巻き爪は予防できるかと思います。

まとめ

巻き爪にならないためには、

  • 自分に合ったランニングシューズを選ぶ
  • ランニングシューズは大きい足の方に合わせる
  • 爪の切り方は、スクエアカットにする

これを行うだけで、巻き爪予防になりますし、
巻き爪になっていたとしても、大幅に改善されるかと思います。
ただし、巻き爪がひどいようであれば、ランニングは行わず
病院に行くなどして、治療してから行なってください。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.