巻き爪手術にフェノール法をお考えの方へ!

巻き爪が悪化して膿が出たり、肉芽腫が出てくると、歩くことさえままならない痛みが
出てきます。こうなってくると、巻き爪の手術も考えなければなりません。

その手術法の中にフェノール法という方法があります。

フェノール法とは、フェノールというベンゼンから合成される薬品を使用して
爪の生えてきているところ(爪母)を殺して生えてこないようにし、
巻き爪や陥入爪を根元から取り除くという方法です。

どういった症状の時に適用される手術なの?

通常巻き爪は、軽度の場合ですと手術ということにはならないため、
中度あるいは重度の状態のときにフェノール法をお考えになると良いかと思います。
フェノール法は、化膿していても、手術が可能なのが特徴となっています。

痛みはあるの?

フェノール法を行う際に、最初に局部麻酔を行ないます。
なので、痛いのは、最初の麻酔のみ。麻酔が効いて来れば、
手術中は痛みを伴いません。

術後は数日間ちくちくとした痛みはありますが、普通に歩けますし
手術翌日からシャワー浴もできる程度です。

フェノール法を行うメリットは?

フェノール法を行うメリットとしては、

  • 爪が短くても、化膿していて手術が行える
  • 麻酔をする際の痛み程度で、術後もさほど痛まない
  • 保険が出来ようされる
  • 短期間で治療できる

ということがあげられます。
爪の状態に制約がなく、痛みも麻酔を我慢すればあとは楽ですし、
1回の手術と数回の治療で巻き爪が治りますので、巻き爪で困っている方は
この方法は良いかもしれません。

デメリットは?

デメリットとしては、爪母までしっかりと薬品を届かせないといけないため、
それができていないと、再発してしまいます。1週間たっても治らないようであれば、
再度病院へ行くか、別の病院を探す方が無難であると思います。

再発率は30%と結構高い確率になっています。

巻き爪が取れたとしても、フェノール法を施した部分の爪が変形するという可能性も
若干ありますし、爪の幅が狭くなるということもデメリットとなります。
まれに、手術した付近の爪が再び巻いてくるということもあるようです。

フェノール法を行う前には医師からしっかりと説明を受けた方が良いでしょう。

手術費用はどれくらいかかる?

保険が出来ようされますので、3割負担時に
およそ5000円~10000円程度の費用で手術を行うことができます。

病院は、主に皮膚科でフェノール法が使用されますが、
他に整形外科や外科などでも取り扱っているところがあります。

病院によっては、フェノール法を苦手とする医師もいるようなので、
名医もしくは、この方法を得意とする医師のいる病院へ行かれることを
おすすめします。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.