巻き爪と陥入爪の違いとは?

巻き爪は、爪が横方向に巻いたようになる症状のことをさしますが、
陥入爪は、爪の角がとげのように鋭くなり、それが皮膚に刺さって
炎症を起こす状態のことを言います。

ただし、巻き爪でも程度によって皮膚に食い込んで炎症を起こす場合は、
陥入爪と呼ばれます。

なので、痛みを伴うものを陥入爪といい、痛みを伴わないものを巻き爪という
大まかな鑑別もあるようです。
※巻き爪でも彎曲がひどくなれば、陥入していなくても痛みを伴うものがあるようです。

つまり、炎症を起こして痛みを伴うもの。細菌が入り込んで化膿していまったり、
不正肉芽腫が形成されるようなものは、陥入爪が原因であると言えます。

実際はこのような症状の違いがあるのですが、一般的にはどちらも巻き爪と
呼ばれ混同されています。

原因は?

巻き爪(陥入爪)になる原因は、自分に合わない靴を履いていることや深爪が原因で
起こることが多くみられます。

また、爪水虫により爪が変形してしまい、そこから陥入し巻き爪になるということも
原因として挙げられます。

また、重い物を落としたり、強くぶつけたりするような衝撃が原因で巻き爪になることもあります。

対策は?

対策としては、爪の両端を深爪しないことです。爪の角を深爪してしまうと
そこが余計に鋭くなり陥入しやすい状態を作ることになります。

また、大きすぎる靴や小さすぎる靴、ハイヒールやパンプスなどの足の前方に圧がかかるような自分に合っていない靴をはかないようにするということも対策としては非常に効果的です。

というように、巻き爪も陥入爪も原因対策ともにほとんど同じであることから、
総称して巻き爪と呼ばれるようになったのでしょうね。

当サイトでも、区別して紹介していくと非常にわかりにくいため、
巻き爪も陥入爪も総称して『巻き爪』として紹介させていただきます。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.