巻き爪に効く飲み薬!?

結論から言うと、巻き爪に効く飲み薬はありません。
ですが、巻き爪が悪化しているときや、巻き爪の手術後に
病院から処方される飲み薬はあります。

巻き爪に効く飲み薬というものは原理的に無理があり、
もしあったとしても、飲んで爪をなんとかするのだから
副作用がすさまじそうですね。
ちなみに、塗り薬を塗っても巻き爪は治りません。

巻き爪で処方される飲み薬とは?

巻き爪になり病院で飲み薬が処方される場合は、
巻き爪の手術を行なった時、あるいは炎症を起こしていたり、
化膿している場合に処方されます。
処方される飲み薬は、ロキソニンなどの消炎鎮痛剤
化膿を止めるために抗生物質が処方されます。

病院に受診された場合、飲み薬だけでなく、
ゲンタシンやリンデロンなどの抗生物質の入った塗り薬
処方される場合もあります。
どの薬も自己判断では絶対に使わないようにしてください。
ちゃんと医師の指示通りにご使用ください。

化膿止めの飲み薬は市販薬では販売されていませんが、
塗り薬なら『ドルマイシン』というものが販売されており、
また、痛み止めでは『ロキソニン』や『ボルタレン』という飲み薬が
販売されています。
ですが、これらを使わないといけないくらい巻き爪が悪化している場合
使用する際はどうしても病院へ行けないときの
応急処置として考えてください。

飲み薬で治らないならどうやって治す?

巻き爪の治し方には、大きく分けて2通りあります。
一つは、巻き爪手術です。
手術とは、一般的に巻き爪の根元を薬で
生えてこないようにするフェノール法
巻き爪の根元を部分切除する尾郷法
主流となっています。
どちらも根治治療になりますので、
術後短期間で巻き爪が改善されるのが特徴です。
この方法の場合、若干痛みが伴いますので、
鎮痛剤や化膿止めの飲み薬が数日分処方されるでしょう。

もう一つの方法が巻き爪矯正になります。
巻いている部分にワイヤーを通したり、
フックでひっかけて上に引っ張ることで巻き爪を
改善する方法になります。
こちらは治療中に痛みを伴わないし、爪の幅が狭くなるような
変形がない代わりに、長期間矯正が必要になります。
一般的な方法としてVHO法ワイヤー法があげられます。
巻き爪により化膿していたり、痛みがあった場合は、
病院ですと、化膿止めや痛み止めの飲み薬が処方される場合があります。

病院に行かずに巻き爪を改善する方法として、
肉を下に引っ張って食い込みを軽減させるテーピング法や
食い込まないようにするために、爪と肉の間にコットンをつめる
コットンパッキング法などがありますが、
これらは矯正というよりも、応急処置にあたるため、
おすすめとしては、巻き爪ブロックのような矯正グッズを使用する方が
改善につながるかと思います。

  • 病院には時間がなくて行けない
  • 病院に行くほどでもないが巻き爪に悩んでいる
  • そもそも病院には行きたくない

という方におすすめであると思います。

まとめ

巻き爪に効く飲み薬はありませんが、
巻き爪による炎症や化膿などの症状があらわれた場合や、
手術後に、化膿止めや痛み止めなどの飲み薬や塗り薬が
処方されることがあります。

もし化膿するまで巻き爪が悪化しているのであれば、
すぐに病院に受診されることをお勧めします。
そのまま、放ったらかしにしておくと、
菌がどんどん奥へと侵入していき、
骨が変形したり、壊死したりという症状を引き起こす骨髄炎に
なる可能性があり、最悪の場合その部分を切断するという
事態にまでなる可能性がありますので、
絶対に放ったらかしにしないでくださいね。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.