巻き爪にティッシュを挟む!その効果と注意点とは?

巻き爪が肉に食い込んで痛いときに、
応急処置的な対策としてティッシュを詰める方法があります。
ティッシュを米粒大位に小さく切り取って、
爪と肉の間に挟み込みます。
ティッシュやコットン、ガーゼ柔らかく丸められるものなら
何でも構いません。ただし、全て清潔なものを使用してください。

ティッシュを挟む効果

ティッシュを挟むと、爪と肉が離れますので
痛みが軽減されます。
ですが、根本的な解決にはなりませんので、
巻き爪の原因となっていることを一つ一つ解決し、
巻いた爪を矯正などで、もとの平らな状態に戻す必要があります。

ティッシュを挟む方法は、コットンパッキング法という方法で
これを毎日ずっと行なっていれば痛みの軽減とともに、
巻き爪が自然と矯正される場合もあります。
(個人差や巻き爪の度合によります)

ティッシュを挟むときの注意点

ティッシュを挟むときにティッシュが大きかった場合
無理に挟み込もうとすると、爪がはがれたり
割れたりする恐れがありますので、無理の無いように
挟みましょう。爪と肉が離れれば良いので、そんなに大きくする
必要はありません。
挟む際に、ピンセットなどを利用すると、うまく挟むことが
出来るかと思います。
入浴時には外してください。
また、ぬれてしまった場合も、そのままにしておくと
不衛生なので、取り替える様にしましょう。

歩行時にティッシュが取れてしまう

歩いたときにティッシュが外れてしまう時は、
はずれないような工夫をすれば問題ありません。
例えば、カットバンで止めたりテーピングで止めたり
方法はあるかと思います。
爪が食い込んでいるときは、走ったりすると
悪化することがありますので、過度に衝撃は与えない方が
良いでしょう。かといって、巻き爪に全く地面からの圧力を
与えないことも悪化の原因となりますので、歩くことは行いましょう。

ティッシュを挟む余地がない場合は?

ティッシュを挟む余地がないくらいに
深爪をしてしまっている場合は、
この方法はできません。
ですので、他の方法として
テーピングで肉を下に引っ張る方法として
テーピング法というものがあります。
テーピング法は、深爪していても、抜くを引っ張るために
爪の食い込み(陥入爪)を緩和することができます。
また、テーピング法を行なうことによってティッシュを挟む
余地が生まれることもありますので、余地ができたら
ティッシュを挟むコットンパッキング法を試してみるのも
良いかと思います。
万が一余地が生まれなかったとしても、爪は伸びてきますので
切らなければ挟み込む余地は出てきます。

巻き爪の原因は深爪で起こる場合があります。
爪が食い込んで痛いので、その部分を切って
深爪にしてしまう方がおられますが、
これは巻き爪の悪化の原因となりますので、
絶対に行わないようにしましょう。
コットンパッキング法とテーピング法は、
爪が伸びるまでの間の対策として考えると
良いかもしれません。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.