巻き爪の原因は歩き方によるもの?

巻き爪の原因はいくつかありますが、
その中で歩き方が原因で巻き爪になることがあります。
正しい歩き方というのは、かかとでしっかりと着地して、
足裏に重心を移して、足先に重心を移し
しっかりと足先で地面を蹴るようにして反対の足を
出して歩きます。
これができていないと、足に支障をきたしていきます。

足先に負担がかかり過ぎていることが原因で巻き爪になる

足先に負担のかかる歩き方として、

  • がに股で歩く
  • 内またで歩く
  • 猫背でとぼとぼ歩く

という歩き方があげられます。
これらの歩き方は、足を出す際に足先で
強く踏ん張ってしまいますので、巻き爪になりやすい
歩き方になります。
走るフォームにフォアフットストライク(トウストライク)という
足の前方で着地する走り方があるのですが、
こちらも足先に負担がかかってしまいがちになりますので、
巻き爪になりやすい走り方といえるでしょう。

つま先に圧力がかからないことが原因で巻き爪になる

逆につま先に圧力がかからなさすぎることが
原因で巻き爪になることがあります。
地面からの圧力がかかることにより爪は平らに
なるのですが、圧力がかからなければ
元々爪は丸くなろうとする性質があるため、
どんどん巻いていくことになります。
寝たきりのお年寄りの爪が巻き爪になっていくのは、
このことが原因となっているのです。

つま先を使わない歩き方として、
ペタペタと歩くことがあげられます。
足裏を主として歩いてしまうため、体重移動が
うまくできず、つま先を使わずに次の足がでてしまいます。
浮き足も全くつま先を使わないため、巻き爪になりやすいです。

ハイヒールで歩くこともつま先を使わず歩くことの原因になりやすいです。
ハイヒールで歩くと、つま先に負担がかかると思われがちですが、
実際に負担がかかっているのは、指の付け根部分で
つま先には負担どころか圧力さえかかりにくい状態になりがちです。
つま先をうまく使えていないため、爪が丸まり巻き爪になるのです。
ハイヒールについては、サイズをしっかりと合わせないと、
靴の構造上足が靴の中で前に滑りやすく
つま先に靴がぶつかって、その衝撃によって巻き爪を引き起こすことも
原因となっていますが、多くの場合は、全く圧力がかかっていない状態が
原因となっています。

正しく歩くことで巻き爪は予防できる

巻き爪にならないためには、自分に合った靴を
履くということが大切なのですが、その他に正しく歩くことにより
つま先に負担がかかり過ぎたり、逆に負担がかからなさすぎる
ということを防ぐことができます。
正しく歩くためには、かかとでしっかりと着地して
重心を前に移動させて、つま先でしっかりと地面を蹴る
ということを意識して歩く

正しく歩くにあたって、姿勢を正すことも重要になってきますので、
姿勢が悪い場合は、まずは姿勢を正すように心がけてください。
ハイヒールを履いて歩く場合は、つま先を特に意識して歩くと良いでしょう。

がに股や内また、ペタペタ歩きやとぼとぼ歩きは癖になっているため
常に意識していないと正しく歩くことは難しいかもしれませんが、
意識して歩くことを継続することで、今後の巻き爪やO脚や外反母趾などの
他の足トラブルの予防にもなりますので、
しっかりと『正しく歩く』ことを行なっていきたいですね。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.