足の爪の役割!実は意味があった!!

手の爪は、物をつかんだり、缶のフタをあけたり
痒いところをかいたり、何かを剥がしたりと、
たくさんの必要性を感じますが、足の爪は
物をつかむこともなければ、痒いところを書くこともありません。
なぜ足の爪はあるのでしょうか??
巻き爪などで痛みがある方は、爪がなければ。。。と思った方も
いるかと思います。

足の爪は、動作にはかかせない

爪は、物をつかんだり、触ったりするときに指の腹に
力を加えますが、その力を跳ね返すことにより
うまくものをとらえることができます。
これを爪圧といいます。
そもそも指は、骨の周りに肉が付いていますが、
骨の先には骨がないため、それを補うために
爪が付いています。この爪がなければ
肉だけなのでふにゃふにゃで、物をうまく
つかんだり微妙な力加減もできなくなります。
これは、足の爪にも言えることで、
歩くときに足の指で地面をつかむようにして
歩いています。これは特に意識はしていませんが、
ほとんどの方が行なっている動作です。
また、バランス感覚も爪圧を利用して保つことができています。

足の爪の役割はもう一つある

足の爪だけではないのですが、役割はもう一つあります。
指には神経が集中しています。
その神経を保護するために爪は生えています。
爪がふにゃふにゃではなく、硬いのもそのためです。

足の爪がないとどうなる?

上記で説明したように、爪がないと爪圧自体なくなりますので、
うまく歩いたり、走ったりすることができなくなりますし
踏ん張ることもできなくなります。
また、バランスがとりにくくなるため、ふらふらとしてしまいます。
感覚的に言うと、トランポリンやふにゃふにゃのマットの上に
いる感じになるかと思います。
この状態でバランスを取り続けると、今度は変に力が入っているため、
腰痛や足首が捻挫しやすくなったり、内臓に支障がでたりと、体の至る部分にトラブルが
出てくるかと思います。
神経を保護する役目もありますので、それがなければ、
戦場で何も着ていないのと同じで、ちょっと当たっただけでも
支障をきたすかと思います。

爪が丸くなろうとする理由

爪は丸くなる性質がありますが、上記の理由で
なぜ丸くなろうとするのかは大方わかったかと思います。
それは、爪圧を最大限に活かすためです。
もし爪に丸くなる性質がなく平らだったとしたら、
弾力がないため、うまくものをつかんだりバランスを取るということは
難しかったと思います。
これは、性質の話なので、実際に爪が丸くなると巻き爪になってしまいます。
巻き爪になっていない人は、歩いたり踏ん張ったりするときにかかる
圧力により平らに近い状態に保たれているのです。

まとめ

足の爪は骨の代わりに、
歩いたり踏ん張ったりするときにうまく圧力を跳ね返す役割を
はたしています。
なので、爪を生えてこなくするような手術がありますが、
正直お勧めできません。他に手だてがない場合は仕方ありませんが。
爪を切るときに深爪をすると、この骨の代わりとなる役割が
半減とまではいかないにしろ、少なくなることがわかりますよね。
なので深爪はせず、しっかりと役割が果たせるように
爪圧が利用できる分は残しておかなければなりません。
皆さん爪の手入れは正しく行いましょうね。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.