巻き爪のプレート矯正治療はどんな人に向いている?

巻き爪の治療として、爪に特殊なプラスチック製のプレートを
貼り付けるというプレート矯正があります。

このプレートは弾力性に優れており、プレートが戻ろうとする力を利用して
巻き爪を矯正していくという治療になります。

プレートは、医療用の接着剤で固定しますので、生活していくうえで
ちょっとやそっとでははずれないようになっています。

プレート治療はどんな人がするの?

巻き爪の度合がひどい方や、爪が短くワイヤー矯正ができなかったり
爪の変形などによりワイヤーをする余地がない方が一般的には
プレート治療が用いられます。

プレート治療のメリットは?

メリットは、治療に痛みを伴わないというところです。
麻酔などもしませんし、簡単な取り付けだけなので、
治療時間も10分程度で済みます。

また、爪の長さに関係なく治療を受けることができます。

ワイヤー矯正と違い、靴下やストッキングなどが破損することはありません。
また、施行日より入浴が可能で、生活上特に制限はありません。

デメリットは?

デメリットとしては、たいてい保険が効かないため、若干治療費が高くなります。
ワイヤーと違い破損などはありませんが、その分靴下などを履くとき脱ぐときに
少々注意を払わないと、はずれてしまう可能性があります。

1日に2~3回プレートをドライヤーなどを用いて熱を加えて、
矯正力を高めてやらないといけません。

プレート治療はこんな時に良い?

ワイヤー治療もプレート治療もどちらもメリットデメリットがありますので、
双方の利点を活かして治療を行うと良いかもしれません。

爪が短くワイヤーをする余地がない。でも、巻き爪が痛い
というときに、プレート治療を行ない、ある程度爪が伸びてきたら
ワイヤー治療に切り替えると、双方の持つメリットが行かされるかと思います。

プレート矯正は何科で行えるの?

巻き爪の治療は一般的に皮膚科で行うことが多いです。
他に、外科や整形外科、形成外科などで行えます。

また、美容整形やネイルサロンで行えます。

プレート矯正にかかる費用は?

プレート矯正にかかる費用は、初回5000円から1万円程度となります。
費用については病院によっても異なりますので、治療を行う前に
尋ねた方が良いでしょう。

治療期間は、軽度の場合ですと2週間ほどで済みますが、
度合によっては、1年ほどかかる場合もあります。

1か月に1度の割合で病院へ訪れないといけないため、
そのたびに診療代はかかります。

 

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.