巻き爪手術!鬼塚法のメリット・デメリットとは?

巻き爪の手術において、鬼塚法という手法がよく行われます。
鬼塚法は、巻いている端部分の爪を短冊状に切って
爪の幅を狭くするという方法です。

巻いている部分と一緒に、爪床と爪母と呼ばれる根元部分も
メスで切り落とすため、巻き爪が治療できます。

巻いている部分がなくなるので、爪の端が強く巻いている巻き爪に
非常に効果的です。

通常1~3週間で抜糸します。

鬼塚法のメリットは?

矯正と違い、短時間で巻き爪が治るというメリットがあります。
また、巻き爪矯正と違い皮ふに直接治療を施すため、
保険が適用されますので、安価な費用で手術を受けることができます。

また、フェノール法と違い、爪母の切除する範囲を狭く限定することができます。

  • 短期間で巻き爪が治る
  • 保険適用される
  • 手術範囲が狭く限定される

デメリットは?

麻酔の時に痛みを伴います。また、術後の痛みも残ります。
ゆえに、両足の手術となると入院しなければならないこともあります。

治療自体は短期間なのですが、1~3週間は湯船につかることはできません。
鬼塚法は、爪を切除しますので、見栄えが悪くなりますし、力も入りにくくなります。

立ち仕事の方や足を見せないといけないような方は、鬼塚法は向いていません。

術後小さな爪が生えてきて、再発することもあります。
これは医師の腕の上手い下手に限らず、爪母の再生により
再発しますので、再発は個人差があらわれます。

  • 手術時と術後に痛みを伴う
  • 抜糸するまでは湯船につかれない
  • 爪の見栄えが悪く、また力が入らない
  •  再発の可能性がある

どんな人に向いている?

巻き爪を早く治したいという方に向いていると思います。
また、治療費をあまりかけたくないという方にも向いています。

逆に、仕事の都合上で爪を見せたりするような人には向いていません。
また、痛みを伴うため痛みがダメな人にも向いていません。

何科で手術ができるの?

一般的には、皮膚科で診てもらうことになりますが、
外科や整形外科、形成外科などで治療が行えます。
ですが、鬼塚法は、以前の主流な治療法。

現在は、巻き爪のこともわかってきて、鬼塚法での治療を
行なう病院は減ってきています。

鬼塚法よりも良い手術は?

最近の主流は、尾郷法(おごうほう)と呼ばれる手術で、
鬼塚法と違い、爪の横の爪母部分を5mm程度切除するだけなので、
治療範囲が大幅に狭くなりました。

術後の通院は、2~3回程度必要ですが、
術後当日より仕事をすることが可能で、痛みも少ないです。
鎮痛剤を2日程度飲めば、問題ありません。

治療翌日からシャワーも可能となっています。
ですが、治療後2週間程度は、長時間の歩行や運動は避けた方が良いでしょう。

 

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.