親指以外の巻き爪!原因と治療法とは?

巻き爪は、足の親指になりやすいですが、
親指だけでなく、他の指も巻き爪になることがあります。
その原因として挙げられるのは、

  • 深爪をしている
  • 指が靴などにより圧迫されている
  • 指を使って歩いていない

ということがあげられます。
他にも、爪になにかを落として変形することもあります。
巻き爪は、深爪をするとどの親指以外もなる可能性があります。
また圧迫され続けることによって、爪が丸くなります。
爪はもともと丸くなる性質を持っているため、そこに圧迫が加わるため、
丸くなるのを手助けしているような形になるのです。
指を使って歩いていないというのは、ペタペタ歩きや歩幅が狭いときなどに
指を使わず歩いてしまいがちになります。
指を使わないで歩くため、足裏からの圧迫がされませんので、
圧迫によって平らに保たれていた爪は、丸くなろうとします。
このことが原因で、親指以外も巻き爪になることがあります。

親指以外の巻き爪の治療法は?

基本的には親指の巻き爪と治療法は変わりません。
まずは爪を伸ばすことです。
巻き爪は深爪することが悪化につながるので、
短く切らないようにしてください。逆に伸ばしすぎると、
割れる可能性がでてくるので、爪の端っこを残すように
爪を水平に切るとよいでしょう。

巻き爪が痛いようなら、
爪が肉に食い込んでいる状態なので、なにか先のとがった
細いもので、食い込んでいる爪を外にパチンとはじいてください。
すると、食い込んでいる爪が外に出てくるため痛みは止まるかと思います。

親指の爪とそれ以外の爪で治療法が若干異なることがあります。
それは、矯正グッズを使用する場合です。
矯正グッズは基本的に親指に付けるために作られている場合が多く
他の指の爪に付けようとすると、サイズが大きいことがあります。
なので、矯正グッズを使用する際は、サイズが合うものと合わないものがでてきます。
このサイトでもたびたび紹介している巻き爪ブロックは、
爪幅が合わず、おそらく付けることは出来ないかと思います。
なので、もし矯正グッズを使われる場合は、
爪幅に合わせられるものを購入すると良いでしょう。

[楽天]簡単貼るだけ Dr.巻き爪テープ
こちらの矯正グッズは、両端をハサミで切って、
爪幅に合わすことができるため、他の指の巻き爪はもちろん
手の巻き爪にも使用することができます。

病院での治療になると、爪母を切る手術や
VHO法やB/Sスパンゲなどの巻き爪矯正になるかと思います。
これらは基本親指の巻き爪と変わりませんが、
矯正になると、爪の幅が関係してくるため、一度医師やネイルサロンの
スタッフにご相談されると良いかと思います。

追記

最近親指の爪以外の巻き爪にもしっかりと
対応できる医療機器の巻き爪グッズが登場しました。

これですと、おそらくどんな巻き爪にも効果が
期待できるかと思います。
詳しくはこちらをご覧ください。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.