巻き爪は爪を伸ばせば治る?

巻き爪は爪を伸ばせば治ると、言われることがありますが
本当でしょうか??
この方法で実際に巻き爪が軽減された方はいますが、
巻き爪の症状や度合によって変わってきます。
ただ伸ばすだけで全員の巻き爪が改善されれば、
苦労はしませんよね?
つまり、爪を伸ばしただけで治る人よりも
なんらかの治療が必要な人の方が多いということです。
ですが、爪を伸ばさなくて良いというわけではありません。
巻き爪を改善するためには、爪を伸ばすということが前提となっています。
というのも、深爪になっている状態では、足裏から圧力がかかった場合に
肉が盛り上がり、爪を圧迫して爪が丸くなりやすくなるからです。

爪を伸ばしても巻き爪が改善されない場合

爪を伸ばしても巻き爪が改善されない場合は、
爪が平らになるような圧力が必要になってきます。
その方法として矯正治療があります。
最近ですと、爪の両端にワイヤーのフックをひっかけて
上に引っ張る『VHO治療』が主流になっています。
他にもネイルサロンなどで行われているB/Sスパンゲ
ペディグラスといった、プレートを爪に貼り付けて
矯正を行う方法もあります。
この矯正治療は、爪が少しずつ伸びるにしたがって、
徐々に矯正されていくもので、時間はかかりますが
確実な方法と言えます。

爪を伸ばしたが爪が肉に食い込んでいて痛い場合

爪が食い込んでいることを『陥入爪』と呼びます。
この状態になっていると、爪を伸ばすと悪化は防げますが
食い込んだままの時があります。
その場合は、食い込んでいる爪を外へ出してあげる必要があります。
その方法として、爪に細い針のようなものを爪横から入れて
外にはじくという方法が有効です。
また、矯正治療によっても食い込みは緩和されますので、
爪が肉に食い込んで痛いという場合は、試してみください。

まとめ

巻き爪は、深爪をすることでなりやすくなりますし、
悪化しやすくなります。
なので、巻き爪になった場合は、爪を伸ばすことが
対策の第一歩となります。
爪を伸ばすことによってそのまま巻き爪が改善される方も
いますが、多くの場合は、悪化を防ぐという意味合いで爪を
伸ばします。
爪を伸ばすと、足裏からの圧力により爪にかかる圧の面積は
広くなりますので、爪が平らになりやすくなりますし、
矯正治療の中には爪を伸ばさないとできないようなものもあります。
なので、巻き爪で悩まれている方は、爪を伸ばしましょう。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.