巻き爪の痛みは巻き爪やすりで解消できる!?

巻き爪により爪が肉に食い込んだ場合、
痛みを伴って、歩くことさえ困難になることがあります。
軽い症状でも、気になります。
爪が肉に食い込むことを陥入爪というのですが、
痛いからといって、爪切りで切ってしまうと、
爪が伸びてきたときに、悪化してしまいます。
ですので、深爪はしないようにしましょう。
では、どのようにして巻き爪の痛みを軽減させるかというと、
矯正を行なったり、コットン等を食い込んでいる部分に挟み込んだりと
様々な方法がありますが、こちらでは巻き爪やすりで、
とがった部分を削ることによって痛みを軽減させる方法を紹介します。

巻き爪用やすりを使用する

爪きりについているやすりではうまく削ることができないため、
巻き爪専用のやすりを使用していきます。

熟練の職人により作り込まれた巻き爪用やすり純国産巻き爪やすり

このような先のとがったやすりを使用していきます。
先が細く長くなっているため、爪のとがった部分に
すべり込ませて簡単に削ることができます。
削り方は、巻いている部分の爪の角と、
肉に食い込んでいる爪を削ります。
食い込んでいる爪は、大きさはまちまちで、
1mm程度の爪でも痛みを伴います。
食い込んでいる爪を見つけにくい場合は、
肉を下に引っ張るようにしてテーピングを行なうと
見つけやすくなります。

削るときの注意点

巻き爪を削り過ぎると、爪が割れて
悪化することがありますので、削り過ぎには
注意してください。
また、巻き爪の状態により傷ができていることもありますので、
入浴後に削るようにするのと、削る前に器具をしっかりと
消毒してから使用するようにしてください。

巻き爪けずりの効果

削った後は、痛みが軽減されているかと思います。
削るのは軽く削るだけで、決して爪を深く切らないように
してください。巻き爪を削るのは、痛みの軽減と
爪が伸びる間の対処として行いますので、
削ったからといって巻き爪が治るわけではありません。

巻き爪は、深爪が原因となって起こることが多くあります。
深爪をすると、肉が盛り上がり爪が圧迫されてしまい、
巻きやすい状態になります。
それを防ぐために爪を伸ばすのですが、もう一つ意味があります。
爪を伸ばすことによって、足裏からかかる圧力を受ける面積が広がります。
面積が広がれば圧力を受けやすくなり、
その圧力で、爪は平らに近づいていきます。

巻き爪やすりはそう高いものではありませんので、
巻き爪が痛い場合は購入して試してみてはいかがでしょうか?
巻き爪治療の一つとして使用すると良いかと思いますよ。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.