巻き爪はサンダルを履いても良い?

夏になると海に行ったり、暑いため靴ではなくサンダルを
履く機会が多くなると思います。
ちょっと外へ出るときなども便利ですよね??
ですが、巻き爪の人ってサンダルを履いても良いのでしょうか??
サンダル
結果から言うと、あまり履かない方が良いでしょう。
サンダルは、重心がつま先になる歩き方をします。
足首を紐で固定するタイプのサンダルだったとしても、
かかとはしっかりと固定できないし、ヒールがあるものだと
なおさら、つま先に重心がかかります。
サンダルはただつま先に重心がかかるだけではなく、
構造上、歩いたりすると前方に足がずれてしまいます。
つま先に重心がかかりすぎることと、足がずれることによって、
つま先にかかる負担は相当なものになります。
そこまでいかないかもしれませんが、
激しいスポーツで急に方向を切り替えている状態に似ているかも!
想像したらわかると思いますが、巻き爪にとって、良くない環境ですよね?

ビーチサンダルも注意が必要

夏にビーチサンダルを履く機会って結構ありますが、
このビーチサンダルで、コンクリートの上を歩くのは危険です。
ビーチサンダルは、底が薄い物が多く、また厚手のものであっても、
ビーチサンダルの底には柔軟性がなく衝撃を吸収しにくい作りとなっているため、
足に直に衝撃が伝わります。
それだけではなく、サンダルのつくりとして、つま先でサンダルをつかみながら
歩いてしまうので、つま先にかなりの負担がかかります。
つかみながら歩く負担については、ビーチサンダルだけでなく
他のサンダルにも言える事です。

サンダルを履くときの注意点

巻き爪にとって、サンダルがあまりよくないものだとわかりました。
ですので、ちょっと外へ出るときは、極力サンダルは履かないようにしましょう。
また、長時間履くことも控えた方が良いでしょう。
どうしてもサンダルを履かないといけない場合は、
サンダルを履かなければいけない時以外は、他の履物を履き、
サンダルを履く時間を減らすなど工夫することをお勧めします。

サンダルでもヒールのついたものですと、つま先から下ろしがちになりますが、
かかとと同時に下ろすことによって、負担は軽減されます。
また、猫背を直し背中に1本筋の通った姿勢で歩くことを心がけましょう。

どのサンダルでも姿勢をただし、つま先に負担をかけないような歩き方をすれば、
巻き爪対策になりますので、しっかりと意識して歩きましょう。
といっても、サンダルは負担がかかりますので、
どうしてもという時でない限りは極力履くことを控えてくださいね。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.