巻き爪が夏に悪化する原因はこれだった!!

巻き爪は、夏に悪化する人が多くいらっしゃいます。
巻き爪を患っている人で、思い返せば夏ごろに痛くなったり、
ひどくなったりしたような?という記憶があるんじゃないでしょうか?
では、なぜ夏に巻き爪が悪化しやすい傾向にあるのでしょうか?
それには、いくつかの原因がありました。

夏に履く履物が原因となっている

夏に履く履物で、多いのがサンダルだと思います。
サンダルと言えば、足全体を包まずに、紐やバンドなどで
とめるような履物のことをさします。
ビーチサンダルのようなものですと、親指と人差し指の間で
足を固定するような作りになっています。
実は、この足全体を包まない作りというのは、巻き爪にとって
悪い環境になります。
まず、サンダルはヒールのあるものもありますが、
作り的には、地面の衝撃が直接足裏に伝わりやすい作りとなっています。
クッション性がないため、この衝撃は、巻き爪を悪化させる原因となります。

足を包んでいないため、かかとはぶれますし、歩いたときに足がサンダルから滑り
つま先に負担が集中してしまいます。滑らない場合も、摩擦によってやはりつま先に
負担が集中します。
この部分が大きな原因となっており、サンダルは、基本素足の状態で履きます。
なので、2点の原因が同時に起こるため、巻き爪を余計に悪化させることになります。
また、サンダルは、つま先で歩く履物になります。
特に、親指と人差し指で固定するようなものは、つま先でつかんで歩く形になるため、
なおさら巻き爪を悪化させることになります。
これが、夏に巻き爪が悪化する原因の一つです。

夏は菌が繁殖しやすい

夏は、汗をかきやすい時期です。
巻き爪でも特に爪が肉に食い込んでいる陥入爪の場合、
その部分が傷つきやすくなっています。
そこに汗などが入り込むと、菌が繁殖して非常に
不衛生な状態になります。
このことが原因となって、炎症を起こしたり、
化膿しやすくなります。
巻き爪が直接的な原因ではないにしろ、
悪化の原因となりますので、病院に受診される方が
夏に増えます。

夏に注意すべきこと

一番の原因となるのは、履物です。
特にサンダルは、巻き爪を作りやすい環境となりますので、
極力履かないようにしたほうが望ましいです。
どうしても履かなければいけない場合は、履く時間を短くしたり、
足に負担がかからないような歩き方にする必要があります。
また、夏は汗をかき菌が繁殖しやすいため、衛生面に気を付ける事です。
巻き爪が痛む場合は、入浴の時以外にも、足を拭いたり洗ったりすることで、
菌の繁殖はある程度防げるかと思います。
このようなこまめな対策が巻き爪を悪化させないためには、
欠かせないことですので、しっかりと意識するようにしましょう。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.