糖尿病で巻き爪になる!?その予防法は?

糖尿病を患うと巻き爪になるリスクが高まることがあります。
糖尿病の合併症として末梢神経障害があります。
末梢神経障害になると、手足のしびれが起こります。
特に足先がしびれると、うまく体重移動ができなくなり、
足指をあげたような状態で歩くことも多くなります。
指を使わないことが原因で、巻き爪になりやすくなるのです。

なぜ指を使わないことが原因で巻き爪になるのか?

指を使わないと、足の裏からかかる圧力がなくなります。
通常爪は丸くなる性質を持っており、
足の裏からかかる圧力により平らに保たれています。
寝たきりで全く歩くことのできない方が、巻き爪になるのは
このためです。
また、杖をついて歩く方は杖を突いている側だけ
巻き爪になりやすくなるのも同じ原理です。
杖をついて圧力を杖にかけますので、足にはあまり圧力が
かからない状態になるからです。
糖尿病で末梢神経障害になると、巻き爪になりやすくなるのも
圧力がかからないことが一つの原因となっています。
他に血流障害や感染しやすい状況下になるため、
水虫になり爪が変形するというケースも考えられます。

糖尿病の巻き爪は危険

巻き爪は爪が肉に食い込むことがあり、
これを陥入爪というのですが、この状態になると
炎症を起こしたり、化膿することがあります。
糖尿病を患うと神経障害や血流障害、知覚障害などが
起こりやすくなります。
そのため痛みなどの感覚が鈍くなり病変に気付きにくい場合があります。
また、血流障害により病変の治りが遅くなったり、
感染しやすくなりますので、巻き爪により
炎症や化膿症状があらわれた場合、
注意を払わないと、そのままどんどん悪化していき
指を切断しなければならないということも起こりえます。

糖尿病における巻き爪の予防

基本的には血糖値をコントロールすることが
予防につながります。
血糖値のコントロールをうまく行なっていくと、
末梢神経障害などは軽微で済むことが多いためです。
血糖値のコントロールは、食事療法や薬物療法などありますが、
いずれの場合も医師の指示のもと行なってください。

爪の切り方も注意が必要です。
爪を切る際は、爪を弧を描くように切ってしまうと
深爪となり巻き爪になりやすくなってしまいますので、
爪の角を残すスクエアカットにすることが望ましいでしょう。
爪の中央の白い部分を1~2mm程度残した状態で
そこから水平に爪を切る感じです。爪の角が気になる様でしたら、
角の部分だけ少しやすりで削ると良いかと思います。

爪にかかる圧力がなくなっていますので、
定期的にマッサージなどで指に圧力をかけてあげることも
効果的かと思います。
マッサージすることは圧力をかけるだけでなく
血流改善にもつながりますので、是非行なっていきたいところです。
ですが、マッサージにより幹部が悪化するようならマッサージは行なわず
安静にしましょう。

すでに巻き爪になっている、あるいは巻き爪になりかかっている場合は、
巻き爪の矯正を行うという手もありますが、行う前に必ず医師に
相談してください。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.