陥入爪は放置するとどうなる?

陥入爪とは、爪が肉に食い込んで痛みのある状態を
いいます。特に足の親指に多くあらわれます。
陥入爪は違和感があったり、立ったり歩いたりする際に
圧力がかかった場合に痛みがあり、自然とかばって歩くように
なることもあります。
そんな陥入爪ですが、放置するとどうなるのでしょうか??
放置するというのは、爪も切らないということなので、
改善傾向に向かう可能性があります。
というのも、巻き爪や陥入爪の原因の一つとして
深爪があるからです。深爪にすると、爪は巻きやすくなります。
巻くことによって、どんどん爪が肉に食い込んでいきますので、
悪化することが多いのです。
ですが、爪を切らなければ、爪の面積が増えますので、
下からかかる圧力が多くなり、爪は平らになる傾向にあります。
ですので、巻き爪や陥入爪の治療として爪を伸ばすのです。

治療をしない意味での放置

陥入爪は、痛いからついつい、その部分の爪を
切ってしまいがちです。
切ると一時は痛みは治まるものの、再び爪が伸びてくると
痛みが戻ってきます。それどころか、どんどん痛みが
増していくことさえあります。
痛い状態で放置していると、
爪が肉に食い込んでいるわけですから、
その部分は傷がついた状態になっています。
その傷にばい菌が入ると、今度は化膿していきます。
こうなると、痛みも激しいものになっていると思います。
さらに放置し続けると、体内では化膿した部分のばい菌の除去が
追いつかなくなり、外で出そうとします。
その時にあらわれるのが、『肉芽』と呼ばれる、肉の塊です。
肉芽が出来るとさらに痛みは増すかと思います。
このように、陥入爪を放置するということは、
思わぬ事態を巻き起こしますので、
放置せずに病院もしくは自分で治療を
行なった方が良いかと思います。

陥入爪の治療法

陥入爪の治療法はいくつかあります。
まず、病院に行った場合は、ひどい物でなければ、
手術になることはないと思います。
まずは、矯正法や対処法から治療が行われるかと思います。
矯正法としては、マチワイヤー法やVHO矯正治療があります。
両方ともワイヤーを使用して矯正を行なっていきます。
対処法というのは、コットンパッキングやテーピング、
陥入爪を削る方法、アクリルガター法などで
爪と肉を離す方法がとられます。
手術以外はさほど痛みを伴いません。

自宅で治療を行う場合は、
簡単なものですと、コットンパッキングやテーピング法が
挙げられます。
また、陥入爪の場合は、食い込んでいる爪を
外にはじく方法が有効です。
これは、糸ようじの反対側のとがった部分などを利用して
爪の横にスライドし食い込ませて、外にパチンとはじくだけです。
これで、食い込みがなくなります。

巻き爪を伴う陥入爪ですと、巻き爪矯正グッズが
たくさん販売されていますので、そういったグッズを使うのも
効果的です。
例えば、ドクターショールの巻き爪クリップや
巻き爪ブロックなどがお勧めとなっています。
自分で治療を行う場合は是非試してみてください。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.