陥入爪は自然治癒するの?

陥入爪は、爪が食い込んでいる状態で、
食い込むのには何らかの原因があります。
その原因を解決しないかぎりは、
陥入爪を放ったらかしにしておくと、
症状が軽い場合ですと、自然治癒もありうるでしょうが、
ほとんどの場合、悪化していきます。

悪化の過程

陥入爪は、はじめは違和感がある程度で、
あまり気になるものではありませんが、
そのうち押さえたり歩いたりと、圧力が加わることで
痛みが出てきます。
痛みは何かの衝撃や巻き爪がひどくなったり、
圧力が加わることによって、次第に痛みを増していき、
陥入部分が炎症を起こし始めます。
その炎症部分に細菌が入ると、今度は化膿していきます。
さらに悪化すると膿を外へ隔離しようとする体の防衛反応により
肉芽と呼ばれる小さな肉の塊が出てきます。
肉芽は出てこない人もいますが、ここからさらに悪化すると
細菌はどんどん深くに進んでいき、骨にまで達します。
骨に達すると、骨髄炎という骨髄に膿が溜まった状態になり、
最悪の場合壊死が始まります。
こうなると、指を切断するしかなくなるという可能性も出てきます。
少し驚かせてしまいましたが、通常はこうなる前に
痛みに耐えれなくなるかと思います。

陥入爪を治すには?

治し方は様々な方法があります。
例えば、

  • 巻き爪矯正グッズを用いる
  • 爪を伸ばす
  • 陥入爪をはじき出す
  • 病院に行き治療を行う

などなど。
陥入爪でしてはいけないことは、深爪をするということです。
爪が食い込んで痛いからといって、その部分を深爪をすると
一時は、痛みは和らぎますが、爪が伸びてきたときに
再び食い込んでいくだけでなく、深爪をしたことにより、
巻き爪も悪化してしまい、前以上に食い込みが激しくなります。
ですので、絶対に深爪しないように、爪はのばしてください。
ただし、伸ばしすぎると、爪は割れてしまいますので、
爪の先の中央の白い部分を1~2mm残した状態で、
爪を水平に切って端を残す『スクエアカット』にすることが
望ましいでしょう。
この間の痛みは、コットンやティッシュやこよりを爪と皮膚の間に
挟み込んで痛みを緩和したり、
巻き爪矯正グッズを使用して、根本的に原因を解決しながら
痛みを緩和させることが望ましいです。
また、陥入爪をはじき出すのも有効な方法となっています。
詳細はこちらをご覧ください

まとめ

陥入爪は自然治癒することはめったにありません。
放っておくと、基本的に悪化していきます。
ですので、『まだ大丈夫』『痛みはあまりないから』と、
放置するのではなく、早めに治療を行なった方が
治りも早いですので、早期発見早期治療
おすすめします。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.