爪の端を切りたいが届かない・・・

爪が皮膚に食い込んで、爪の端を切りたいけど
巻きすぎたり食い込みすぎて届かない、切れない
と、悩まれている方がいますが、
痛いからといって、切ってはいけません。
切るとたしかに痛みは緩和されて楽になるのですが、
楽になるのはその一時だけです。
爪がまた生えてくれば、食い込んでいきます。
それだけでなく、爪の端を切ってしまうと、
巻き爪や陥入爪が悪化します。
痛いから切る⇒切ると悪化する⇒痛いから切る
という悪循環となります。

では、痛みはどうしたらよいのか?

痛みを取るためは爪を切るのではなく、
爪を伸ばしましょう。
伸ばしている間の痛みの緩和方法は、
爪と皮膚の間に米粒大位に切ったコットンを丸めて
間に挟むコットンパッキング法や、
皮ふをテープで下に引っ張って食い込みを緩和させる
テーピング法
陥入している爪を何か細い先のとがったようなもので、
外にはじき出す方法
そして、巻き爪矯正グッズを使用して痛みを緩和させるとともに
巻き爪を根本的に治していくという方法があげられます。

痛いときはなぜ伸ばした方が良いのか?

爪が深爪になっていると、下からの圧力を受ける面積が
狭くなります。爪はもともと丸くなろうとする性質をもっているので、
面積が狭いと、丸くなりやすくなります。
ですので、深爪をするとどんどん悪化する傾向になります。
逆に伸ばすことによって、面積は広くなりますので、
下からの圧力が手助けとなり、巻き爪や陥入爪が治まっていくのです。
これは巻き爪や陥入爪を改善させる基本となりますので、
深爪はしないようにしてください。

伸ばしすぎに注意

爪を伸ばしたら良いといいましたが、伸ばしすぎると
今度は爪が割れる可能性が出てきます。
ですので、伸ばしすぎず正しい方法で爪を切ることが
重要になってきます。
正しい切り方は、『スクエアカット』と呼ばれる
爪を丸く切るのではなく四角く切る方法が有効です。
つまり、爪の端を残して角を作る切り方になります。
爪の先端の中央部分の白いところを1~2mm程度残して、
そこから水平に切ります。すると角が残るかと思います。
残った角はとがっていますので、
このままにしておくと、靴下やストッキングを傷めてしまいます。
ですので、やすりなどで角を丸くすると良いでしょう。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.