巻き爪で炎症!薬や治療法は?

足親指の爪付近が炎症を起こした場合
巻き爪の可能性があります。
この場合、爪が肉に食い込むことによって起こる
陥入爪が原因で炎症を起こし、時には化膿することも
あります。
この炎症は、何もしないで自然と治るのかというと、
そうでもなく、放ったらかしにしておくと、
通常はどんどん悪化していきます。
ですので、痛みに耐えるのではなく、
速やかに対処する必要があります。

炎症に効く薬

巻き爪で炎症が起こった場合、爪の食い込みが
ひどい状態ですので、皮膚科の受診をお勧めします。
皮膚科では、巻き爪治療や矯正が行なわれることがありますが、
薬で、痛みや炎症を止めて様子を見る場合もあります。
その場合は、痛み止め・抗炎症剤としてロキソニン
抗菌剤としてゲンタシンフロモックスなどが処方されることがあります。

炎症や化膿を抑える市販の薬

病院に行けない方は、痛み止めや炎症、化膿を抑える薬が
薬局やドラッグストアなどで販売されています。
上記で紹介したロキソニンも薬局などで販売されていますので、
痛みがひどいようなら試してみても良いかと思います。
その場合は、薬剤師に理由をしっかりと説明し、
アドバイスをいただくと良いでしょう。
化膿止めは、ドルマイシン軟膏というものが販売されています。
薬局では、抗生物質は販売されていませんので、
抗生物質が欲しい方は受診しましょう。

炎症したときの治療法は?

病院では、フェノール法尾郷法などの手術が行われる場合と、
VHO法マチワイヤー法などで矯正を行う場合があります。
手術の場合は、食い込んでいる爪自体を除去してしまうため、
食い込みによる痛みはなくなります。
ただし、手術をしたことによる痛みは、1週間程度続きます。
メリットとしては、巻き爪(陥入爪)が早く治るというところでしょうか。
デメリットとしては、爪の幅が狭くなるということと、手術は痛みを
伴うというところです。

矯正法は、治療時に痛みはありません。
そればかりか、ワイヤーなどを装着したときから、
食い込みが緩和されるため、痛みがなくなることも多々あります。
ただし、矯正には時間がかかります。

自宅で治療を行う場合

炎症の原因が、爪の食い込みですので、
食い込みを緩和させる必要があります。
その方法として、テーピング法コットンパッキング法
応急処置という意味で活躍します。
これらの方法を行なった場合、すぐに食い込みによる
痛みが取れるということもしばしばあります。
ただし、外してしまうと再び食い込んでいきますので、
炎症も起こる可能性があります。

次に、食い込みを緩和させるために行う治療として、
巻き爪グッズというものがあります。
爪にワイヤーをひっかける物だったり、
クリップを爪に挟んで、陥入を緩和させる物だったり、
または、爪にシールを貼って、陥入を緩和させるものもあります。
こういったものを使うことによって、自宅でも巻き爪の治療を
行なうことができます。
食い込みが緩和されれば、炎症も次第におさまっていくので、
結果的に炎症の治療になります。

結論

炎症を起こして、腫れている場合
かなりの痛みを伴いますし、場合によっては化膿して
悪化することもありますので、皮膚科へ受診出来る方は
出来るなら受診することをお勧めします。

どうしても、時間の都合などにより
病院に行けない人は、コットンパッキング法や
テーピング法などで痛みを緩和させたり、
市販の薬で痛みや炎症を緩和させることでしょう。
そして、巻き爪グッズを使い、根本的なところから
解決していくと良いかと思います。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.