巻き爪にオロナインを塗ると治る?

巻き爪になったとき、オロナインを塗ると治るかどうか
についてですが、結論から言うと治りません。
ただし巻き爪(陥入爪)で爪が肉に食い込んで
皮ふが赤く腫れたり、出血したり化膿したりした場合、
オロナインを塗ることによって、症状が悪化するということは
多少抑えられるかと思います。
オロナインは、殺菌作用がありますので、
傷口に菌が入って炎症を悪化させたり化膿したりということは
若干防ぐ効果があるということです。
ですが、市販の薬で可能止めや殺菌効果に優れたものは
販売されていますので、オロナインよりも、そういったものを
使用する方が効果はあるかと思います。
例えば、抗菌剤や化膿止めですと
薬局に『ドルマイシン』という塗り薬が
販売されていますので、化膿しているのであればこちらを
使用する方が良いでしょう。

【楽天】ゼリア新薬 ドルマイシン軟膏12g【第2類医薬品】

こういった意味では効果があるのですが、巻き爪や陥入爪を
治そうと思えば、傷口ではなく、爪をどうにかしなければなりません。

巻き爪を治療するには?

巻き爪を治療するには、オロナインなどを塗るのでなく
根本的に治療していかなければなりません。
そのためには、爪の矯正が必要になってくるのですが、
急を要する場合は、応急処置で対応しましょう。

コットンパッキング法

コットンを米粒大くらいにちぎって丸くします。
それをピンセットなどで、痛いところの爪と皮ふの間に
挟みます。取れないように絆創膏などを貼っておくと良いでしょう。
これで、食い込みが緩和されるため痛みは抑えられます。
コットンがない場合は、ティッシュをちぎって丸めたものでも構いません。

テーピング法

テーピング用のテープで、皮膚を下側に引っ張って
食い込みを緩和させる方法です。
2種類の貼り方がありますのでこちらをご覧ください。
詳細はこちら

このような応急処置がありますが、
あくまでも応急処置なので、これで治るわけではありません。
巻き爪を治すには、上記で書いたように爪の矯正
必要です。薬局やドラッグストア、特に通販に多いのですが、
巻き爪の矯正グッズが比較的巻き爪を治しやすいかと思います。

その中でも、人気なのが『巻き爪ブロック』です。
爪の端に特殊なワイヤーをひっかけてワイヤーの力で
爪を上方向に持ち上げることによって矯正を行なっていきます。
早い方ですと、付けてすぐに痛みが取れるという方もいます。
矯正期間は、巻き爪の度合によります。
早い方ですと、1か月で巻き爪の矯正ができるのですが、
重度の巻き爪になると、半年や一年ほどかかる方もいます。
これは爪の伸びる過程で少しずつ矯正されていくため、
時間がかかるのは仕方のないことなのです。

なぜ巻き爪ブロックが人気なのか?

巻き爪ブロックは市販のものですと、
矯正力が強いため、矯正されやすいという点にあります。
巻き爪の矯正は、矯正しているということが
はた目からわかってしまうものなのですが、
巻き爪ブロックは、おしゃれに出来ています。
ですので、装着していてもちょっとしたアクセサリーに見える
という点で、女性に人気が出ています。
そして、矯正力にも強弱が付けられるのが魅力的です。
ノーマルタイプ、ハードタイプ、スーパーハードタイプと
3種類の矯正力があり、巻き爪の度合によって変更が可能です。
このような点は、他の商品にはあまり見られません。
値段も手ごろなのもお勧めの一つとなっています。
ただし、病院で行われるようなVHO矯正やワイヤー法の方が
矯正力が強いため、病院に行ける人で、多少高くても問題が
ないという方は、病院に行かれた方が確実かもしれません。
ですが、病院まで行くのは・・・という方はまず矯正を試してみる
という場合は、かなりおすすめなグッズとなっています。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.