巻き爪は遺伝するの?対処法は?

遺伝によって、親に顔が似ていたり、
体格が似ていたり、指が似ていたりするように、
爪も遺伝するようです。
例えば、爪が軟らかかったり硬かったり、
幅が広かったり狭かったりというように
生まれつき(遺伝)によって変わります。
ですので、両親いずれかに巻き爪がある場合は、
子供も巻き爪になる可能性があります。
特に、爪が軟らかい人は、爪が巻く傾向にありますので、
注意が必要です。

遺伝すると巻き爪になる?

生まれつき巻き爪になりやすい爪というのは、
確かにあり、遺伝から来るものもあります。
両親が両方とも巻き爪になっていた場合、
高い確率で子供にも巻き爪になりやすい爪は
遺伝すると言われています。(絶対ではありません)

しかし、日常生活で巻き爪になるようなことを
していなければ、遺伝したからといって、巻き爪に悩む必要はありません。
では、具体的にどういったことに気を付けていけばよいのか
見ていきましょう。

日常生活において巻き爪にならないためには?

爪の切り方に注意

巻き爪にならないためには、まず爪の切り方に注意します。
爪の両端を普通に切ると深爪状態になってしまいます。
深爪状態になると、足の裏から伝わる圧力が爪に作用しませんので、
爪が巻きやすい状態になります。
爪は、丸く切るのではなく、水平に切りましょう。

自分に合う靴を履く

巻き爪になりやすい靴というものがあります。
例えば、ハイヒールやミュールなどの爪を圧迫するような
靴は、巻き爪になりやすいです。
また、サイズの合っていない靴も注意が必要です。
これは、大きすぎても小さすぎてもいけません。
爪に圧力がかかったり衝撃がかかり巻き爪になりやすくなります。
できるだけ、爪に負担がかからないような靴を履くように心がけましょう。
どうしても、ハイヒールなどを履かなければいけないときは、
直前まで負担のかかりにくい靴を履き、必要な時だけハイヒールなどを
履くという工夫が大切です。

爪に栄養を与えよう

爪も栄養をもらって伸びていきます。
このとき栄養が足りないと、柔らかくなったり、
割れやすい爪ができてしまいます。
特に冷え性の方は要注意です。

対処としては、爪の生え際のところを
モミモミとマッサージしたり、
こまめに足浴をして足を温めたりすることで、
血行がよくなり、栄養が行き届くようになります。

すでに巻き爪になっている場合は?

すでに巻き爪になっている場合は、軽い巻き爪なら
上記の方法で改善されることがありますが、
中度重度の場合は、なにかしらの治療が必要になるかと思います。
例えば、病院ですと手術や矯正治療ですね。
私としては、手術をしてしまうと、早く治るというメリットはありますが、
痛いし、爪の幅が狭くなるというデメリットがあるので、
時間がかかっても矯正治療が良いかと思います。
病院に行くのが難しかったり、大げさだと感じるようであれば、
巻き爪を矯正するグッズなどが通販などを通して販売されていますので、
まずは、そういったものを試してみるというのも手です。

また、巻き爪は遺伝という原因よりも、日常生活における
原因の方が強いと考えています。
ですので、上記で述べたような対策を行なっていくことで、
再発するということもなくなるかと思います。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.