巻き爪で歩けない!どうしたらいいの??

巻き爪が原因で歩けない!!そんな症状が出ている場合は、
おそらく巻き爪の皮ふに食い込んでいて炎症を起こしている
もしくは、化膿している状態だと思います。
歩けないくらいに痛くなっているので、
放っておくことはないと思いますが、
このまま我慢し続けても、改善されることはなく
むしろ悪化していくでしょう。
悪化した先には、炎症でとどまっていた場合は、化膿しますし、
すでに化膿している場合は、化膿範囲の拡大や次第に奥へと菌が
侵入していき、大変なことになることもあるため早めに手を打たなければなりません。

では、実際にどうしたらよいのか?

巻き爪で歩けないくらいになっている場合は、
応急処置として、
コットンパッキング法テーピング法をすることを
おすすめします。
コットンパッキング法と言うのは、コットンあるいはティッシュなどを
米粒大くらいに丸めて、それを爪と皮ふの間に挟み込み、
食い込みを緩和するという方法です。
また、丸めるのではなく、こより状にして挟み込むこともできます。
コットンパッキング法はこちら

もう一つのテーピング法というのは、テーピングするテープを使います。
皮膚を下側に引っ張る形にして、テープで固定して、
食い込みを緩和させるという方法で、
張り方も2種類あります。
テーピング法はこちら

どちらが良いというのは、一概にはいえませんが、
ティッシュやコットン等でしたら家にも常時置いてあるかと思いますので、
そういった意味では、コットンパッキング法の方がやりやすいかと思います。

痛みで歩けないくらいにまで悪化している巻き爪は、
矯正グッズ装着により、痛みは緩和されることもありますが、
炎症や化膿している状態での装着は個人的にはおすすめできません。

このような状態の場合は、上記のような応急処置を行ない、
速やかに皮膚科などに受診されることをお勧めします。
どうしても、いけないような場合は、
市販の可能止めを塗って、様子を見る形が良いかと思います。
そして炎症や化膿が治まってから、矯正グッズなどで矯正を行う方が良いかと思います。

病院では、どんな治療を行うの?

病院では、化膿している場合は、膿を取りだしたり、
取り出す必要のないものであれば、ゲンタシンなどを塗り
様子を見ます。
化膿が治まったら、手術か矯正か行われるかと思います。
これは、医師の判断に委ねられるところもあれば、どちらにするか
聞かれるところがあるかと思います。
病院によっては、矯正を行なっていないところもありますので、
手術や矯正について、少し知識を付けてから病院に行かれた方が
本当は良いでしょう。

ちなみに、手術はフェノール法という薬品を爪の生え際付近に塗って、
巻いている部分の爪を生えてこなくさせる方法と、
爪の巻いている部分の生え際(爪母)をメスなどで切除する方法があります。
尾郷法や鬼塚法など。

矯正法としては、マチワイヤー法VHO法という矯正法があります。
どちらが良いというのは、個人の判断にもより難しいところですが、
私個人としては、手術は爪の幅が狭くなってしまうので、
矯正法が良いかと思います。
ただし、手術と違って、矯正は時間がかかります。

巻き爪で歩けないという状態のときは、
できるだけ早く病院に行った方が、良いということです。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.