巻き爪で歩くと痛い!!どうしたらいいの?

巻き爪になり、歩くと痛い。。
ちょっと腫れてるし、という状態は、
巻き爪でも、陥入爪と言われるもので、
爪が皮膚に食い込んでいるため、痛みが出てきます。
歩くと、地面から圧力がかかりますので、
余計に圧迫して食い込み、痛いのです。
このような状態の時は、たいてい痛い部分が炎症を起こして
腫れているかと思います。
場合によっては、化膿して膿が出てきたりもします。

歩くと痛いときどうしたらいいの?

歩くと痛い場合は、爪が皮膚に食い込んでいるわけですから、
その食い込みを緩和してあげれば、痛みは和らぎます。
その方法として、応急処置ではありますが、
コットンパッキング法という方法があります。
これは、食い込んでいる爪と皮ふの間に
コットンやティッシュなどを米粒大くらいにしたものを
丸めて、挟み込むという方法です。
挟むことにより、爪と皮ふの食い込みが緩和されますので、
歩いても、痛みがなくなる場合が多いです。
注意点としては、挟んだものが取れやすいため、
バンドエードか何かで、固定した方が良いかと思います。

もう一つの方法としては、テーピング法というものがあります。
これは、テーピングにより皮ふを下に引っ張って固定するので、
歩いたときに食い込みが緩和されるため、痛みを伴いません。

ですが、これらの方法は応急処置であって、
巻き爪(陥入爪)を治す方法ではありません。

特に、化膿している場合は、
悪化すると大変なことになるので、
応急処置をした後、速やかに病院に受診した方が良いでしょう。

病院は、皮膚科に行くと良いですが、
他にも整形外科や外科でも見てもらうことができます。
ですが、基本的には皮膚科に行くと良いでしょう。

病院が怖くて行けないんですけど・・・

病院が怖くて、いけない。あるいは、時間がなくて
行けないという方は、応急処置に加えて、
化膿しているのであれば、
市販薬で、『ドルマイシン』という塗り薬が
販売されていますので、そちらを塗って様子を見てください。
基本的には、受診するのが一番なのですが、
どうしても時間がない場合に有効な手段と言えるでしょう。
ただし、一向に回復しない場合や、悪化するような場合は、
時間がない、怖いなど言ってる場合ではないので、受診してくださいね。

応急処置した後は、どうしたらいいの?

応急処置した後は、巻き爪を改善していかなければなりません。
その方法として、深爪をしない、爪を伸ばすということです。
爪が伸びれば、食い込んでいる部分も自然と解消される場合が
多いです。
伸ばし方、爪の切り方についてですが、
スクエアカットをするのが適切です。
普通に、弧を描いて爪を切ると、爪の端部分は
どうしても深爪になってしまうため、陥入爪を悪化させてしまうことになります。
ですので、爪を切るときは、水平に四角く切ると良いでしょう。
ただし、四角過ぎると角ができるため、その部分は少しだけ切っておくと良いでしょう。

次に行うことは、爪の矯正です。
通販などでは、矯正グッズが販売されていますので、
病院に行けないという人は、通販で購入したものを試されると
良いかと思います。
病院での矯正よりも、矯正力は落ちますが、十分に効果を
感じられるかと思います。

他の方法としては、爪を削ることによって、
巻き爪の食い込みを緩和することができます。
ただし、削り過ぎると爪が割れてしまうので
注意が必要です。
詳しくはこちら

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.