サッカーで足の爪が痛い!!原因はなに?治るの?

サッカーをしていて、ある日突然
足の爪が痛くなり、ボールを蹴るのも
走るのもままならない状態に・・・。

これは、ひょっとしたら巻き爪かもしれません。
巻き爪は特に足の親指に起こりやすいのですが、
その他の指の爪もなる可能性があります。

サッカー

原因は何?

原因としては、
サッカーはボールを蹴る、走る、走っていて急に方向を
切り替えしたりと、足の指にも負担がかかるスポーツです。

この急な動きで、爪に靴があたったり皮膚に爪が
押し込まれる、食い込むような感じになることが多々あります。
すると、爪はもともと丸くなろうとする性質がありますので、
その衝撃でさらに丸くなっていき、やがて爪が皮膚に食い込む形に
なることがあります。
これを巻き爪といい、食い込んだものを陥入爪というのですが、
ひどくなると、爪の食い込みにより圧迫され炎症を起こしたり、
その部分が化膿することもあります。

放っておいたら、安静にしておいたら治るかというと、
治る確率は低く、どんどん悪化する可能性の方が高いです。

どうやって治すの?

治し方は、病院へ行くか、巻き爪グッズを使用する方法があります。
まず病院へ行くとなると、通常は皮膚科になります。

詳しくはこちらを参照ください

自宅で治すとなると、様々な方法がありますが、
基本的には食い込みを抑える方法と、
巻いた爪をもとに戻す矯正法があります。

食い込みを抑える方法は、
巻き爪自体を改善する方法ではないので、
応急処置程度になります。

応急処置法はこちら

続いて巻き爪矯正を行うグッズについてですが、
これも様々なものが販売されていますが、
中には、ただ食い込みを軽減させるものも
含まれていますので、注意が必要です。
ジェルタイプの巻き爪グッズは基本食い込みを
抑えるものと思っておいた方がよいかと思います。

巻き爪矯正は以前は、3か月など時間がかかるもの
でしたが、最近では、たった30分で巻き爪が改善される
グッズもありますので、

サッカーに打ち込みたいなら、早く治った方が良いですよね?
そういったグッズを活用されるというのも、良いかと思いますよ。

すぐにサッカー初めてもいいの?

炎症や化膿などしていなければ、
矯正や治療して痛みなどがなければ、
すぐにでもサッカーを始めることができるかと思いますが、
炎症や化膿などの症状がみられたり、
矯正後治療後も痛みが残る場合は、
症状がおさまるまでは安静にしておいた方が良いでしょう。

また、他にも巻き爪になる原因があるかもしれません。
靴のサイズが合っていないと、(大きかったり小さかったり)
巻き爪になる可能性が高くなります。
また、爪も深爪をしてしまうと巻き爪になる可能性が
高くなりますので、深爪しないようにするということと、
伸ばしすぎると今度は爪がかけたり割れたりする恐れが
あるため、伸ばしすぎないことにも注意してください。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.