足の親指の横が痛い!これって何?治し方は?

なんだか最近、足の親指の横の部分が痛いな・・・
赤くなっていたり、ちょっと腫れていたり・・・
なんてこともあるかと思います。

ひょっとしたら、それって巻き爪かも?

どんな症状?

足の親指の横が痛いといっても度合があるかと思います。
ただ、足の親指の横が痛いだけ。
痛みに加えて赤みがある。
痛みに加えて少し腫れている。
あるいは、すべて。

その痛みも押さえたら痛いものから、
何もしなくてもズキズキと痛むものまで様々です。

このような状態の時って、
足を踏ん張ったり、歩いたりするだけで痛かったりしませんか?

この症状がなんなのかというと、
まず思い当たるのが巻き爪です。

でも、爪は巻いてないけど?
という方もおられると思いますが、
巻き爪といっても、実際巻いてるように見えないものもあります。

なぜ痛みが出ているのかというと、
爪の端の部分が皮膚にくいこんで痛みが出ている場合が多いです。
この状態を正式には陥入爪といい、
一般的には巻き爪と区別されますが、総じて巻き爪ということもあります。

ちなみに悪化したものはこんな感じになります。

爪囲炎
画像引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1229664477

この画像の場合だと、肉が盛り上がったような感じになっていますね。
ひょっとしたら内部で化膿しているかもしれません。

次に、こちらの画像です。

爪囲炎2
画像引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1162194806

こちらも巻いた感じはありませんが、
爪が皮膚に食い込むなど、刺激してそこから細菌などが
入り込んで炎症を起こしているように見えます。

これは爪囲炎あるいはひょうそと呼ばれます。

いずれにしても、足の爪の横が痛い場合は、
爪が皮膚に悪さをしていることが多いです。

※この記事は予想でしかありません。
詳しく知りたい場合は、皮膚科に受診してください。

原因は何?

爪の横が痛くなる原因は、先に述べたように
たいていの場合は、爪の端が皮膚にあたって
痛くなっている。さらに症状がひどくなると、
細菌が侵入して炎症を起こしたりします。

では、なぜそのような状態になるのか?
については、人によって原因は様々です。

例えば、サッカーやテニス、バスケなど体の切り返しの
強いスポーツをしていて爪に負担がかかりすぎたり
サッカーのような爪の上から強い衝撃が加わるスポーツについては、
このような症状が出やすいかと思います。

ハイヒールやパンプス、サンダルなど爪に負担がかかるような靴
自分に合ってないような靴を長時間あるいは長い期間履いていた場合。

長距離を歩いたり走ったり、立ち仕事を長時間あるいは長期間行なっていた場合。
爪の端を深く切りすぎていた場合など、
様々な原因があります。

何か心当たりはないでしょうか??

治すにはどうしたらいいの?

では、治すにはどうしたらいいかというと、
まず、それが爪囲炎、陥入爪、巻き爪であるか
素人では検討しかつかないので、基本的には皮膚科で
見てもらうことが一番です。

特に、化膿している場合は悪化すると大変なことになるので、
なおさら皮膚科に受診すべきです。

ですが、病院に行けない理由などはあるかもしれません。
その場合、まず爪が皮膚に食い込んでいると思われる原因を探し、
それを控えることから始めると良いかと思います。

痛いからと自分で爪を深く切ってしまうと、
痛みは解消される可能性はありますが、
これをしてしまうと、爪が伸びてきたときに
再び痛みが出てきますし、ここから爪がどんどん巻いて行って
巻き爪になる可能性も高くなってしまいますので、
深爪だけは避けてください。

最近では、巻き爪グッズもかなり進化してきていますので、
そういったグッズを使用することで、痛みが和らぐことも多いです。

原理としては、どのグッズも基本的にはそうなのですが
爪の両端を上に引っ張り、爪が皮膚に食い込まなくなるので、
痛みが和らぐという仕組みです。
それとともに、爪の巻きも矯正していくため、
矯正されれば痛みが出ることはありません。

仮に、化膿していた場合で病院へ行けないという場合は、
薬局に行って薬剤師の方に相談されたほうが無難です。
ドルマイシンなど化膿止めの薬を紹介してくれるかと思います。

その他、自分で治す方法(応急処置)としていくつか紹介しておきます。

爪の端にコットンを挟む方法

テープを使用して爪が皮膚に刺激しない方法

まとめ

足の爪の横が痛い場合、それがなんであるのか?については
皮膚科などに受診して医師に診てもらわないと
はっきりとしたことはわかりませんが、
上記の画像のようになっている場合は、
何らかの原因で爪が皮膚に刺激を与えているものと思われます。

炎症を起こしているのでしたら、
爪によって皮膚が傷ついて、そこから細菌が入り込んでいるものと
思われます。

まずは、皮膚科に受診することをお勧めしますが、
これくらいの傷では・・・病院には行かずになんとかしたいな
と、人それぞれ考え方は異なりますので、
そういった場合は、グッズなどもいろいろと出ていますので、
そういったもので対応されるのも一つの手であるかと思います。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.