子供の巻き爪の原因とは?

巻き爪は、大人だけがかかるものだと思われる方も
いるかと思いますが、実は子供もかかりやすい症状です。

子供が巻き爪になる原因は、
大人と一緒で足に合っていない靴を履いていることが
主な原因となっています。

子供の場合、すぐに大きくなるからということで、
少々大きな靴を買いがちになります。
このことが原因で、足先に衝撃が入りやすく
巻き爪になる可能性が高まります。

逆に、子供の成長が早く靴が小さくなっているということも
よくある原因の一つとなっています。
小さい靴を履いていると、足前方は圧迫されてしまいます。
もちろん爪も横から圧迫を受けますので、
巻き爪になりやすくなります。

子供

小さい子供は特に注意が必要

1歳児や2歳児の子供は注意が必要かもしれません。
上記であげた理由の他に、親の趣味などで
靴を決めてしまうことが多いです。
この時に、見た目を重視して靴の構造を
見ることをおろそかにしてしまいがち。

子供の靴は、かかと部分がふにゃふにゃと
不安定になっている靴が多くあります。
かかと部分がしっかりと安定していないと、
歩いたり走ったりするたびに足は、左右へと
ずれますので、衝撃や圧迫が強くなってしまいます。
これも巻き爪の原因となりますし、足の変形にもつながります。

靴を選ぶときは、かかと部分がしっかりとしていることです。
しっかりしているかどうかは、かかと部分を曲げてみて
硬いと思うくらいが良いです。
ここでふにゃふにゃだと感じた場合は、違う靴を選びましょう。

かかとをきっちりと合わせて、つま先におよそ5mm程度の
隙間が空くくらいがちょうど良いです。
つま先部分に隙間がないと、
子供の足の成長の妨げになってしまいます。
また、足先部分がとがっていなく、少し広めの靴を
選ぶことが大切です。

  • かかと部分がしっかりとしていること
  • つま先に余裕があること
  • 足先が少し広めになっていること

子供の爪は柔らかい

子供の爪は、大人の爪と違い柔らかく弱いです。
気づけば割れていたりかけていたりすることもしばしばあります。
爪が軟らかいと、少しの衝撃や圧迫を受け続けただけでも、
変形してしまいます。これが原因となり巻き爪を引き起こしてしまいます。

そういう点においては、大人と比べて子供の方が
巻き爪になりやすいと言えます。

爪の切り方が原因している

大人もそうですが、子供の巻き爪の原因も
爪の切り方が関係しています。

深爪してしまうと肉の見える部分が増えます。
すると、歩いたりすると肉が圧迫により
盛り上がり爪が入り込む形になります。
爪は行き場がなくなり前方に伸びるのと同時に
丸まって、やがて肉を取り込むようになり巻き爪と
なります。

爪を切るときは、白い部分が1mm程度残るように
切るようにすると良いでしょう。

どうしても切らしてくれない子や、切るときに動く子供は、
切るのではなく爪やすりで削っていくと安全に爪を
短くすることができます。

切らしてくれないからと放っておくと、
爪が割れたり変形することがありますので、
しっかりと爪を整えてあげることが大切です。

また、最近では子供の巻き爪にも対応した
巻き爪矯正グッズが販売されています。
子供が巻き爪で痛がってる場合は、
こういったグッズを使用するのも
良いかと思います。
医療機器用として販売されていますので、
安心安全であると思います。

詳しくはこちら

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。

コメントを残す




CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.