巻き爪手術!鬼塚法のメリット・デメリットとは?

巻き爪の手術において、鬼塚法という手法がよく行われます。
鬼塚法は、巻いている端部分の爪を短冊状に切って
爪の幅を狭くするという方法です。

巻いている部分と一緒に、爪床と爪母と呼ばれる根元部分も
メスで切り落とすため、巻き爪が治療できます。 「巻き爪手術!鬼塚法のメリット・デメリットとは?」の続きを読む…

巻き爪のプレート矯正治療はどんな人に向いている?

巻き爪の治療として、爪に特殊なプラスチック製のプレートを
貼り付けるというプレート矯正があります。

このプレートは弾力性に優れており、プレートが戻ろうとする力を利用して
巻き爪を矯正していくという治療になります。 「巻き爪のプレート矯正治療はどんな人に向いている?」の続きを読む…

巻き爪のワイヤー治療する前に知っておきたいポイント

ワイヤー治療法とは、爪の両端部分に小さい穴をあけて
そこに弾性の強いワイヤーを通して、矯正していくという方法です。

ワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して矯正を行ないます。

通したワイヤーは、医療用の接着剤で固定しますので、
取れたり、ワイヤーが邪魔になるということはありません。 「巻き爪のワイヤー治療する前に知っておきたいポイント」の続きを読む…

巻き爪は病院の何科に行けば良いの?

巻き爪や陥入爪などの爪に関することは
基本的に皮膚科に行けば見てくれます。
また、病院によっては、外科や整形外科、
形成外科などでも見てくれるところもあります。

巻き爪の原因として、爪白癬(爪水虫)から起こっていることもあります。
整形などの外科では、治療は行なってくれますが、
病院によっては、保険適用外のところがあったり、
爪を切るだけという治療をされる病院も結構あるようです。 「巻き爪は病院の何科に行けば良いの?」の続きを読む…

巻き爪と陥入爪の違いとは?

巻き爪は、爪が横方向に巻いたようになる症状のことをさしますが、
陥入爪は、爪の角がとげのように鋭くなり、それが皮膚に刺さって
炎症を起こす状態のことを言います。

ただし、巻き爪でも程度によって皮膚に食い込んで炎症を起こす場合は、
陥入爪と呼ばれます。 「巻き爪と陥入爪の違いとは?」の続きを読む…