巻き爪を治療する前に、まず原因を知ろう!!

巻き爪の治療しても再発することがあります。
再発を防ぐためにも巻き爪の原因を探る必要があります。
巻き爪は様々な原因が関係していますが、
その代表的なものは、以下になります。
 巻き爪の原因は深爪!その理由とは?
 巻き爪の原因は、靴にあった!?

巻き爪を自宅で治療する

巻き爪でお悩みの方で、病院へは時間が取れなくいけない方
そもそも病院へは行きたくないという方は、自宅で治療を
行なっていくことになります。
自宅で治療を行うことは実に様々な方法があります。
また、予防対策としても役立ちますので、ご自身でなんとか
しようと考えておられる方は必見です。

巻き爪の爪の切り方

巻き爪を自分で治療する際に重要になってくるのが、
爪の切り方です。
爪の切り方次第で、巻き爪の改善することも予防することも
可能になります。
それほど爪の切り方は重要になってきます。
こちらでは、正しい爪の切り方を主に紹介しております。

巻き爪を自分で治療するにはまず症状を知ろう

巻き爪を自分で治療するには、まず症状を知る必要があります。
どの症状がどの治療法に適しているか判断することができます。
こちらは、巻き爪の症状について紹介しております。

巻き爪治療!病院やネイルサロンでの矯正は?

巻き爪を病院やネイルサロンで矯正しようとお考えの方は、
こちらをご覧ください。
矯正治療は、いくつか種類があり、あなたに合った矯正を
行なわないと仕事や私生活に差支えることもありますので、
こちらに書かれている矯正法を参考にすると良いかと思います。

巻き爪治療!病院での手術はどのような方法で行う?

巻き爪治療で、手術をする場合、いくつか方法があります。
おすすめの手術やしてはいけない手術などもございますので、
こちらを参考の上、判断されると良いかと思います。

巻き爪グッズで治療!おすすめランキング

 巻き爪ブロック
【巻き爪ブロック】
病院やネイルサロンに行けない人必見!!
わずか3000円程度で、自宅で簡単に病院の矯正治療のような
巻き爪矯正ができます!

矯正強度も9種類の中からお選びいただけますので、
どんな巻き爪にも対応できるので、
非常に使いやすいです!!
気軽に直したい人におすすめ!


 巻き爪ロボ
《一般用医療機器》巻き爪ロボ
装着後わずか30分で、
どんな巻き爪も★矯正完了★
今までになかった巻き爪矯正グッズ。

足の親指だけでなく、その他の指の巻き爪や
手の巻き爪にも、子供の巻き爪にも
使えます。

これさえあれば、もう巻き爪に悩まされることは
なくなります。本気で治したい人向けのグッズです。


巻き爪のワイヤー治療する前に知っておきたいポイント

ワイヤー治療法とは、爪の両端部分に小さい穴をあけて
そこに弾性の強いワイヤーを通して、矯正していくという方法です。

ワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して矯正を行ないます。

通したワイヤーは、医療用の接着剤で固定しますので、
取れたり、ワイヤーが邪魔になるということはありません。 「巻き爪のワイヤー治療する前に知っておきたいポイント」の続きを読む…

巻き爪は病院の何科に行けば良いの?

巻き爪や陥入爪などの爪に関することは
基本的に皮膚科に行けば見てくれます。
また、病院によっては、外科や整形外科、
形成外科などでも見てくれるところもあります。

巻き爪の原因として、爪白癬(爪水虫)から起こっていることもあります。
整形などの外科では、治療は行なってくれますが、
病院によっては、保険適用外のところがあったり、
爪を切るだけという治療をされる病院も結構あるようです。 「巻き爪は病院の何科に行けば良いの?」の続きを読む…

巻き爪と陥入爪の違いとは?

巻き爪は、爪が横方向に巻いたようになる症状のことをさしますが、
陥入爪は、爪の角がとげのように鋭くなり、それが皮膚に刺さって
炎症を起こす状態のことを言います。

ただし、巻き爪でも程度によって皮膚に食い込んで炎症を起こす場合は、
陥入爪と呼ばれます。 「巻き爪と陥入爪の違いとは?」の続きを読む…

巻き爪手術にフェノール法をお考えの方へ!

巻き爪が悪化して膿が出たり、肉芽腫が出てくると、歩くことさえままならない痛みが
出てきます。こうなってくると、巻き爪の手術も考えなければなりません。

その手術法の中にフェノール法という方法があります。

フェノール法とは、フェノールというベンゼンから合成される薬品を使用して
爪の生えてきているところ(爪母)を殺して生えてこないようにし、
巻き爪や陥入爪を根元から取り除くという方法です。 「巻き爪手術にフェノール法をお考えの方へ!」の続きを読む…

巻き爪の症状には段階がある!?

巻き爪といっても、軽い物から重い物まで症状は様々です。
ただちょっと爪が巻いているだけなのと、爪が巻いて皮膚に食い込んでいるのとでは、
かかる負担も違いますし、痛みも違ってきます。

症状を大きく3つに分けることができます。 「巻き爪の症状には段階がある!?」の続きを読む…